2014年03月23日

ヨナの記録

【挑戦】
難しいジャンプを跳ぶことばかりが挑戦ではないと思う。
怖がらずにスピードを出して流れるような着氷のジャンプを跳ぶことも挑戦の一つだ。見た目もキレイだし、加点を得ることもこの競技の戦い方の大きなポイントだ。
ノーミスの演技がどれほど人を感動させるか。傷一つないパーフェクトな演技をめざすことも挑戦だ。
そしてそれらをクリーンに実行できた人を賞賛したい。

【3Lz3T】
日本では女子のトリプルアクセル(8.5)だけが、高難度の技と宣伝されてきたけど、実は3ルッツ3トゥループ(10.10)も難しい技で点数も高いのだ。セカンドのループはほぼ回転不足を取られるので現実味がない。助走なしにセカンドの3回転ジャンプを跳ぶことは難しいのです。
バンクーバーで3Lz3Tを成功させた女子...キム・ヨナ
ソチで3Lz3Tを成功させた女子...キム・ヨナ、ソトニコワ、グレイシー・ゴールド、リプニツカヤ、ポリーナ・エドムンズ

【3-3】
キム・ヨナがシニアに上がって16才から23才までの間に公式戦(GPシリーズ、4大陸、世界選手権、五輪)での3-3の成功は、42試合中、なんと37回。88%の成功率で、これはイチローの打率みたいに、何かで表彰されてもいいくらいのスゴイことではないか。
ちなみにシニア2年目のソトニコワ選手を調べてみると、22試合中、11回成功(50%)今後の活躍を期待してます。

【台落ちなし】
ノービスの時代から出場したすべての試合で台落ちなし。一年の一番大きな大会で、8年間(7回)表彰台に上がり続けた。戦後の女子ではミシェル・クワン(9回)に次ぐ回数です。一度のホームアドバンテージもなく、です。バンクーバーで金メダルを取った後は、モチベーションが下がったり、体の痛いところもあったのに、底力を見せた。
※バンクーバーの時にホームアドバンテージがあったという人もいたけど、カナダでオーサーコーチの教え子だったから人気もあったけれど、地元のロシェットやオズモンドへの声援には負ける。浅田選手も、ずっとタラソワさんの振付で、五輪の時はロシア人のコーチについてもらっていたけど、ソチで何か有利なことがありましたか。ロシアっ子ほど回転不足判定や、PCSも甘くなかったと思う。

【ノーミス】
バンクーバー、ソチ、二つの五輪で、ショート、フリーともにパーフェクト演技をやってのけた。
ジャッジの誰一人もマイナスをつけることがなかった。こんな選手、他にいるだろうか。

【不世出】
ヨナの言葉
「バンクーバー金メダリスト、ソチ銀メダリストより、“私”という選手がいたと記憶されたい」(中央日報2014.2.22)
ええ、もちろん。記録もスゴイけど、私はヨナの表現する世界に夢中になりました。
同じプログラムを2年続けてやることがなかった。毎年、違うイメージの作品の世界観を作り上げ、洗練されたものだった。
スケーティング、ジャンプ、表現力がすばらしい。スピンだってキレイ。
ルックスがいい。頭が良くて性格もいい。こんなに揃っている選手はもう出てこない。
ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 14:50| Comment(6) | essay | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

本の感想

「浅田真央はメイクを変え、キム・ヨナは電卓をたたく 〜フィギュアスケートの裏側」(生島淳著 2011.11)
タイトルからして選手に失礼な本。
著者はバンクーバー五輪女子ショートで、キム・ヨナ(78.50)と浅田真央(73.78)の点差が4.72で驚いたそうだが、では男子ショート高橋と織田の点差6.48(同じジャンプ構成ノーミス)は別に驚かなかったのか。
バンクーバー五輪の時は、日本のネットで(おもにマオタと嫌韓派)順位は妥当でも点が高すぎるからおかしい、不正があったと発狂したみたいに騒がれた。あの時はキムヨナがノーミスで、2位以下の人がミスしたから、文句なしの優勝。さらに全盛期のヨナはスピードのあるスケーティング、ジャンプの質、表現面で圧倒していた。ついでに書くと、五輪後の世界選手権のフリー、浅田選手は「ノーミスの演技をした上での点数を見たい」と言っていたが、ヨナが2Aと3Sの失敗はありながら、3LZ3Tなどの得点の高いジャンプを決めてPCSは上回ってフリーでは1位だった。2013年ワールドでコストナー選手と浅田選手なら、TESが浅田選手が上でPCSはコストナー選手が上。2010年ワールドは、総合で浅田選手が優勝したから良かったのでは。
私が採点のことで注文したいのは、回転不足と踏切違反の判定は公平に(地元の選手やアイコンの選手に甘くならない)、PCSのあり方についてもう少し明確にしてほしいことです。

世界のトップコレオグラフィーの紹介にディヴィッド・ウィルソンを入れていないところが著者はマオタっぽい。
動画で他のスケーターがヨナと話していたり、ヨナをほめていたりする部分だけ削られているものを見たことがある。なんとかコレクションに、「タイスの瞑想曲」のイナバウアーや、3F3Tを使わない。

最近のフィギュアスケート専門の雑誌や本も、売れないと困るから、キム・ヨナさんのことは、欠点といえないことを無理に取り上げて欠点として書いているように思う。反面、フィギュアスケートが不正のあるスポーツと思われては困るから褒めるところは褒めているといった印象です。海外の実況や記事はヨナ賞賛が多いので、それを現場で接している日本のフィギュアスケート関係者はさすがにおもしろくないのかもしれません。
「誰も語らなかった知って感じるフィギュアスケート観戦術」(荒川静香著 2013.12)
"ヨナは...ステップなどはあまり踏んでいないのでトランジションはあまり高い点数が出ません。”って、トランジションって皆、PCSの5項目の中で低いじゃないですか。’13ワールドフリー、女子で一番トランジションが高かったのは誰? ”苦手なジャンプの前ではスピードが落ちる”っていうのも? ルッツの前が速すぎるだけでフリップやサルコウも他の選手よりスピードがあると思うのだが。

出版界では「嫌中憎韓」の本が売れるらしい。(朝日新聞2014.2.11)
最近、図書館で「アンネの日記」被害がありましたが、フィギュアスケートの雑誌も気をつけてほしい。
インターネットの未来はどうなるか予測できないが、本は後世に残るものだから真実を書いてほしいと思うのですが、誰が何を書こうと一番の真実は演技の映像に残るでしょう。
posted by ホープ at 00:16| Comment(5) | BOOK | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

ソチ エキシビション

☆ヴァーチュ&モイア ”Stay”
 ヨナのEXと同じようにヴァーチュモイアのEXも全部好き。(バンクーバー前は知らない)
選曲が好みで、1回目見た時は派手さはないけれど、何回か見ても飽きずに逆にひきつけられるところが共通点かな。それとも元からファンだからそうなるのでしょうかね。
今回のは、小劇場の二人芝居みたいで、かつスケーティングの妙をつくしたもの。
どんな歌詞なんだろうと知りたくなったので、こちらのサイトをリンクさせて頂きました。

☆パトリック・チャン ”Steppin' Out With My Baby”
 「エレジー」とかよりも、ジャズやポップスで滑る方が彼の巧さ、表現も光ってカッコイイです。

☆カロリーナ・コストナー ”シェヘラザード”
 コストナー選手も立っているだけで絵になる人。ギュスターヴ・モローの絵みたい。

☆マオ・アサダ ”スマイル”
 爽やか。ローリー・二コルは真央ちゃんにいつも素敵なプログラムを作っていますね。引退したらローリーXヨナとか、ウィルソンX真央とかの組み合わせも見てみたい気がする。ゴールドの衣装も、ひらひらのスカートよりタイトなスカートの方が女子をかっこよく見せます。

☆デイヴィス&ホワイト ”ラフマニノフ/ピアノ協奏曲2番2楽章”
 ちょっと振付がヴァーチュモイアの”アダージェット”の二番煎じっぽい。
この曲はアメリカ人の彼らが、かつて冷戦で対立したロシアの五輪で、友好のために捧げようとしたもの。
ヨナの”イマジン”は平和のメッセージがあるし、鳥海アナは月並みな感想「美しい」とか言ってるより、曲の選んだ理由とか選手のメッセージを伝えてほしかった。 

☆キム・ヨナ ”イマジン”
 ヨナの演技は雰囲気とかじゃなくて、緩急をつけられるところが女子でピカイチだと思う。
野口美恵さんによると「ヨナは音楽の曲想をとらえるのがうまい。単に音とタイミングが合うのではなく、メロディだったり、ベース音だったり、楽曲全体が醸し出すニュアンスを演技に反映させることができる」(週刊現代2月16日) 今やフィギュアスケートの専門誌より、大衆週刊誌でヨナの見どころを知るなんてね。

おまけgif
”Fever”
fever.gif
なんと表現していいかわからないけど、何かが憑依したような感じ? 

”All of Me"
allofme.gif
この足さばきがカッコイイ。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 00:59| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

採点について

ソトニコワ選手とキム・ヨナ選手の基礎点の差は、ショートとフリー合わせてわずか2.94だった。それぐらいの差だったら、どちらもノーミスの場合、ベテランの選手がPCSで勝つのがこの競技の常識ではなかったか。
実績の高いベテラン選手、あるいはスケーティングが上手といわれる選手がミスをしてもPCSが高い例
2013世界選手権男子フリー 
パトリック・チャン(TES82.13 PCS89.28)
デニス・テン(TES87.76 PCS87.16)
ショート 
パトリック・チャン(TES52.70 PCS45.67)
デニス・テン(TES50.81 PCS40.75)
↑二人ともノーミスだとPCSの差は開く
2012NHK杯女子フリー
浅田真央(TES52.78 PCS64.54)
鈴木明子(TES64.1 PCS62.11)

今回はソトニコワのPCSが急上昇して、ヨナとの差はたったの0.9点差に迫るゴリ押しだった。

ステップのレベルもショートでレベル4だったのは、ソトニコワと鈴木選手の二人だけで、ヨナは国内選手権の時レベル4だったが、五輪ではショート、フリーともレベル3に落とされた。ステップの判定が妥当かどうか私はわからない。ヨナは4大陸に出てレベルチェックして対策をとればよかったが、ケガもあり無理できなかった。

フリップの加点もソトニコワの方がヨナより上(ショートで0.1 フリーで0.3)? ソトニコワのジャンプは高いと思うけど、高く上がりすぎるジャンプってあんまり着氷が流れないでドスンと降りてくる感じ。

その他、いろいろな疑問を海外の人が動画にまとめて作っていました。


感性にかかわる部分を人や国と争う競技というものがイヤになった。
NHKの解説で八木沼さんがキムヨナの「中盤から後半にかけて微妙に元気がないというかスピード面で」とか言っていたけど、私にはソトニコワの方がコレオでバテていたように見えた。
NHKの実況もCBCのようだったら、印象も変わる。
ロシアでなければ、カタリーナ・ヴィット以来の2連覇も達成できたのにと思うと残念だ。
キム・ヨナは「もう終わったことだ」と採点を受け入れているし、判定が覆ることはないだろうけど、今後のフィギュアスケートという競技のためにも問いただしておくことも大事かと思う。
金メダルをとった選手も地元上げで勝ったんだろうと一生、言われたくないと思う。
ラベル:essay index
posted by ホープ at 18:26| Comment(2) | essay | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

Adios Yu-Na

adiosyuna.jpg

この衣装もやっぱりステキ。最初、気にいらなかった白浮きしていたカットワークの部分と背中の部分も改善されてました。

”Adios Nonino" は亡き父に捧げた曲らしいけど、冬の空のようなイメージ。
洒落たプログラム。ヨナの演技はメリハリがあって、色香があって、味わい深いです。
この最後のポーズだけでもかっこいいよね。絵になる人です。
有終の美を飾ったヨナちゃん。
私のブログもあと少し書いたら終了するつもりです。
ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 00:49| Comment(4) | costume | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

ソチ 女子フリー

ハッピーエンドだったと思う。
ヨナが二大会連続で五輪メダル。
アデリナ・ソトニコワが地元ロシア初の女子金メダル。
実力者、カロリーナ・コストナーも初のオリンピックメダル。
そして真央ちゃんもフリーでトリプルアクセルを成功させて、見た目ノーミス演技。
皆が笑顔でうれし泣き。良かったです。

ソトニコワ選手は、リプニツカヤより2才年上の分、スケーティングや表現力が大人っぽい印象はありました。ヨナは曲の印象も薄かったせいか'13年の世界選手権の演技ほどストレートに伝わる迫力が出せてなかったのかな。
地元の選手でもミスが二つあれば、さすがに優勝させないだろうけど、ソトニコワががんばりました。
が、着氷ミスしたジャンプ以外のすべてのエレメンツに1.0以上の加点がつくなんて開催国の選手じゃなければなかった。ロシア、ロシアの大合唱の中、ヨナの得点は上回るわけがなかった。
勝敗については、ま、これでよかったのかなと思ってたけど、あとで録画を見直したら、ヨナの素晴らしい3-3が、飛ぶ前と後でカメラが不自然に切り替わっているのです。ショートとフリーの両方とも。
その他の選手はそんな映し方をしていなくて、ヨナの流れと幅のあるジャンプが分断されていた。
これはロシアのテレビ局の印象操作ですか。ネットの低俗なアンチと同じ。フィギュアスケートを見るのがイヤになりました。私のうがち過ぎでしょうか。ヨナファンの皆さん、どう思います?

最終グループ、息詰まるような緊張感の中、素晴らしい演技が繰り広げられましたが、私も一番最後まで緊張していたので実は演技をあまり味わっていない。
コストナー選手、「ボレロ」最後をジャンプで決めるのが、曲の頂点まで達して崩れ落ちるような感覚と合っていたのに、やはり精神的、体力的に負担だったので変えましたね。もちろんグレードの高い演技。
ゴールド選手、ブロンドに似合う素敵な衣装で1ミス以外、ソトニコワと同じくらい良かった。
ワグナー選手、あら、曲を変更したのね。「International Figure Skating」にデヴィッド・ウィルソンの振付で演じることをすごく喜んでいたインタビュー記事があったのにね。

これまでノーミスの演技を続けてきたのに、最後の五輪でミスが出て悔しい思いをしたのは、リプニツカヤと佳菜子選手。二人はまだ若い。次がある。応援してます。

浅田選手、チートだとかツーフットだとか言われながらも3Aに挑戦し続け、見た目ノーミス演技も確か10年の世界選手権以来だと思うが、最後の五輪で決めたところは、やっぱり真央ちゃんも勝負強い選手です。最後の泣き顔を見て「本当に良かったね」と私もうるっときました。

鈴木選手、ケガもある、ミスもある。それでも悔いはないと、ベテランらしい達観したところが潔かったです。「オペラ座の怪人」のステップシークエンスは、本当に素敵です。

韓国の選手、キム・ヘジンとパク・ソヨン。ヨナの表現力を受け継いでキレイだと思いました。バッククロスやスピンの形や、イナバウアーからの2A、腕の使い方、堂々とお手本にしてますね。技術的にはまだまだですが、ヨナが世界選手権で枠を取ってきたから五輪に出場することができた。この経験を、次の平昌オリンピックに活かしてほしい。もう韓国の選手は応援しないけどね。

ポリーナ・エドムンズ選手
お初。長洲未来を押しのけて出てきた選手で誰よ?と思っていましたが、ほっそりと背が高く、きれいな演技で印象に残りました。

ラベル:Competition
posted by ホープ at 00:55| Comment(2) | competition | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

ソチ 女子ショート

ヨナちゃんのキレイな演技が見られてホッとした。

滑走順が上位グループに入らなかったから、演技構成点は抑えられた。やはりキレイ系の曲に変えてきたコストナーより低いのは仕方ないとしても、ソトニコワのジャンプの加点、ヨナより高いなんて。
リプニツカヤも昨季よりスケーティングがよくなったと言っても、せかせかした感じに見えるのにPCS高い。
地元ロシア選手へのひいき点だ。
団体戦は、前座イベントみたいなもので開催国が勝っても気にしなかったけど。
思えばパトリック・チャンもジャンプの大きな損失はなくて、今までなら絶対PCSで勝っていたところ、ここにきて羽生選手のPCSが上昇して負けた。

日本のテレビ(NHK)、フィギュアスケート関係の本や雑誌。
外国人選手で、チャンやコストナーのことは賞賛しても問題ないけど、ヨナのことになると、なんか意地悪い見方、冷たい感じの言い方になるので、ちょっと淋しいです。
たとえばコストナー選手のことを「さすが世界ランキングNo.1」とかアナウンサーが3,4回くらい言っていたけど、ヨナは試合出場回数が少ないから29位になっていたが、バンクーバー五輪金メダリストだけじゃなく、現世界女王なんだけどな。オリンピックしか見てない人が見るとバンクーバーから全然出ていなかったみたいに思われる。

Япония(日本)の選手たち。
あっこちゃんは新聞によると左のつま先を痛めているらしい。
佳菜ちゃんは、3Fでパンク。真央ちゃんは、ああ、何と書いていいかわからないが、とにかくフリーでは、もう開き直ってやってくれると思う。最後は笑顔で。と皆、願っているでしょう。

ハイビスカス衣装について
真央ちゃんはこっちの衣装でヨカッタ。あっこちゃんも新しい赤い衣装、キレイでした。佳菜ちゃんは、衣装、新調するかなと思ったんだけど。これは2年前の衣装の色違いだったから。「国を守る強い女性」みたいな衣装をデザインしてほしかったな。リプニツカヤの衣装は、最初のカナダ大会で着たのがヨカッタ。
ヨナの黄色の衣装はもちろん好きです。

ラベル:Competition
posted by ホープ at 23:12| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

ソチ アイスダンス

at 氷山スケート宮殿

デイヴィス&ホワイト(金)
daviswhite.jpg
SDは「マイフェアレディ」で華やか。FDは「シェヘラザード」はじめて見た時は、ステップで社交ダンスみたいなのが変と思ったが、アイスダンスってこういうものですね。
メリルの衣装は、↑インクブルーの方が好き。
アスレティック的にスゴイ。カーブリフトの入りや、ツイズル、180度開脚してロテーショナルリフトとか、スピードがあってスムーズでした。雰囲気もゴージャス。

ヴァーチュー&モイア(銀)
virtumoir.jpg
団体の時に着た衣装より、こっち↑の方が好き。
SDはルイ・アームストロングのナンバーで、こんな20年代アメリカのパーティーシーンを洋画で見たことあるような気がします。皆が同じに滑るパターンダンスでも、やっぱり上手いなあと思った。
FDは、本当にバレエのパ・ド・ドゥを見ているみたいで素敵でした。

イリニフ&カツァラポフ(銅)
「白鳥の湖」はロシアのお家芸。攻める感じの王子(ロットバルト?)がかっこよかった。

ペシャラ&ブルザ (4位)
「シルク・ド・ソレイユ」衣装が春色だ。

ウィーバー&ポジェ(7位)
アルゼンチンタンゴ。けっこうグッときました。

シブタニ&シブタニ(9位)
マイケル・ジャクソンメドレーでかっこよく決めてました。

ジカンシン&ガシー (11位)
映画「キャスパー」男性がメガネ、ベスト、ひじあてのシャツといういでたちで印象に残った。SDも同じだったし。何かわからないけど楽しそう。

コルブ&カルーゾ(19位)
ディズニー映画「魔法にかけられて」衣装や音楽、雰囲気がロマンティック。氷の上で演じるものに似合ってます。

リード姉弟 (21位)
日本代表としてがんばりました。二人だけ見てると十分キレイなんだけど、上には上がいるので、日本のアイスダンスはこれからですね。

アイスダンス、衣装もキレイで楽しいですね。しかし地上波専門の私、こんなにたくさん見られるのは、また4年後のオリンピックだと思います^^;

ラベル:Competition
posted by ホープ at 15:20| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

ソチ 男子フリー

ショートの結果を受けて、優勝は羽生結弦とパトリック・チャンの一騎打ちと言われた。
羽生選手は、不吉な音楽から始まる冒頭のジャンプ(4Sと3F)を失敗したことで、トリノのサーシャ・コーエンを思い出してしまった。もちろん4Tや後半の3A3Tなど難しいジャンプを決めてます。
チャン選手が4T3Tを決めた時、金メダルを持っていかれたと多くの人が思っただろう。
しかし結果は、羽生選手が得点を上回り、日本男子初の金メダル。おめでとうわーい(嬉しい顔)
ノーミスかミス1個くらいの演技だと、どこの国の選手でも金メダルの演技は心を打つと思うけど、五輪独特の緊張感と氷の質のせいか、ミスする選手が多かった。
今回、ちょっと悔しい思いをした分、またこれから成長していけますね。インタビューを聞いていても、謙虚だし、五輪メダリストでしかできない、復興の力になりたいと話したり、真面目な若者だと思います。

チャン選手は、世界選手権を3連覇していたけど、4回転以外のジャンプの精度が落ちていたのでは。
クラールコーチが「インストラクターみたいだった」と去っていったけど、やはりジャンプをチェックしてもらうコーチが必要だったのではないだろうか。ブライアン・オーサーが一番適任だったかもしれないけど、皮肉な結末になってしまった。とびっきりのスケーティングと笑顔が魅力的なチャン選手、まだ22歳だし、引退するのは惜しい。

銅メダルはデニス・テン。「お嬢さんとならず者」4大陸で見た時より、ずっと良くなっていた。
音楽もいいな。
スケーティングの特徴っていろいろあるんだろうけど、一歩が伸びる選手が上手に見える。
デニス・テン、トマシュ・ベルネル、ジェレミー・アボット、ハン・ヤンなど。そしてパトリック・チャンはその中でも「エッジに乗っただけでぐっと加速するのは彼だけ」(by本田さん)

町田選手(5位)
ミスはありましたが、ロシアの地で、火の鳥が舞い上がりました。気迫が伝わる演技で良かったです。
世界選手権の経験もなく、5位は立派です。

高橋選手(6位)
足のケガが思ったより回復してなかった。もっと本来ならスピードがあると思います。
「イン・マイ・ライフ」が流れる頃から、目頭が熱くなりました。支えてくれた多くの人へ感謝するという彼のメッセージが伝わってきました。「カム・トゥギャザー」のステップもかっこよかったです。

ハン・ヤン(エン・カン)(7位)
スピードと飛距離があるジャンプなのですが、着氷で失敗していることがあり、本田さんいわく「幅に上半身がついていっていない」ということです。
ショートのステップがかっこいい踊りです。笑うとかわいい。

ジェレミー・アボット(12位)
クロスしていくところが長い足、大きな歩幅、悠遊と進む野生動物みたいな感じでかっこよかったです。

アジアの選手が強くなってきて、欧米でのフィギュアスケート人気が下降しているのではないだろうか。
大相撲がモンゴル人の横綱ばかりになって面白くなくなってきたみたいに。
どうしてもジャンプはガタイの大きい西洋人より、細くてしなやかなアジア人の方が跳びやすいと思う。
十年後、ISUは、ショートは2Aのみで、スケーティングと表現力で評価するという新ルールを作ってたりしてね。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 22:26| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

ソチ 男子ショート

羽生結弦
ついに100点越え。101.45 歴史的快挙。
「パリの散歩道」は爆発力がある。ヨナの「007」の時と同じ戦略。
大技を含む3つのジャンプを音楽が高まっていくところで確実に決め、着氷は流れるもので爽快でした。ステップでもロックスターみたいで、観衆をひきつけるものでした。
よく大舞台で決めてくれたと思ってこの時は胸が熱くなり、誇らしく思えました。

プルシェンコ
バンクーバー後、一度もISU公式試合に出てなかったし、去年の1月に腰の手術をしたらしいですが、団体戦では4回転や3Aを決めました。が、いくつかのジャンプは詰まっていたし、ステップやつなぎは物足りなく感じました。フリーでは止まっているところも3か所くらいあった。個人戦では無理がたたって棄権になりましたが、それでも彼の偉業(3大会連続五輪で銀、金、銀メダル)は変わりません。後輩に道を譲ればという声もあるかもしれませんが、ケガの具合はやってみないとわからないし、自分ではやれると挑戦してみたくなるのがアスリートだと思います。

アボット
最初のジャンプで転倒。しばらく立ち上がれませんでした。アボットも棄権か、とヒヤっとしましたが、再開してからステップに入るまで、つなぎは省きましたが、規定のエレメンツを入れられたのは見事でした。

マイケル・クリスチャン・マルティネス(フィリピン)
羽生くんと同じ「ロミオとジュリエット」で、イナバウアーやビールマンスピンも真似している。
衣装は、中世風で、羽生くんは、キラキラ衣装もいいけど、こういうデザインのものを着てほしかったな。

マヨロフ(スウェーデン)
「コロブチカ」で会場が盛り上がっていたと思う。衣装がステキ。

ラキムガリエフ(カザフスタン)
✕にしたサスペンダーを引っ張ったり、外したり。モロゾフさん、どうして選手にこんな変なことさせるんでしょうね。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 01:13| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする