2015年03月29日

世界選手権2015 男子

羽生選手は、今回はチームメイトのフェルナンデスに花を持たせて良かったかな。
来年の世界選手権こそ、万全の体調でノーミスに近い最高の演技で優勝するところを見たいです。
オーサーコーチは、一門の栄華に酔いしれているでしょう。
王子の世話をする爺や、みたいな菊地さんも、羽生ショートの後、喜びを爆発させていたのが印象的でした。
ハビエル選手は素晴らしい演技で優勝おめでとう。1位になったとわかった時の驚いた顔、そして祝福しながらも悔し泣きする羽生くんに、「今回は僕がチャンピオンだ。でも僕の中ではいつも君がチャンピオンだ」と言った。なんかイイ奴ですね。マンガみたいなセリフだわ。

ハン・ヤンの順位の低さにおどろいて、ボケジャッジめと悪態ついてたけど、スコアを見るとスピンやステップでレベル4が取れていなかった。中国のコーチを替えたらどうか。
よく見ればジャンプのミスも5個くらいしてましたか。ハハハ。
キスクラ席でのしぐさがおもしろいです。

リンクに王子様が現れたと思ったらミハル・ブレジナ「フィガロの結婚」(途中から「カヴァレリア」に変わる)だった。男子にも黒人の選手がいたのかと思ったらアモディオ「ライオンキング」だった。

ぬいぐるみと花束の投げ込みを制限したらどうか。一選手30個まで。会場の受付で札をもらう。もらえない人は、投げ込みを自粛して、プレゼントコーナーで渡す。羽生くんとか100個以上ありそうで、次の選手の準備に差し障ると思います。

小塚選手と無良選手、ショートはダメよダメダメ〜だったので、フリーはふっ切れて良い演技をしたと思う。
小塚選手は身のこなしもキレイだと思う。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 13:59| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

世界選手権2015 女子SP

results

日本の3選手が皆、良かった。
佳菜子選手は、前から応援している選手なので、演技前は祈ったし、演技後はもらい泣きしました。
最初、メイクが地味で顔色悪い感じに見えましたが、演技が進むにつれ、頬は上気し、堂々とした歌姫クリスティーヌを演じることができました。シーズン中、一番良かった。
初出場の本郷選手と宮原選手は、落ち着いていて、やってきたことを全部出せましたね。
本郷さんは、見る度に表現力もよくなって華がありますね。
宮原さんも、所作がきれい。
satoko.jpg
↑アティチュード風のポーズ、いつも客席に向かってするので、前から見た写真がコレです。

トゥクタミシェワが凄かった。賞賛します。
3A、3ルッツ、3-3 というのは、女子史上ショートで最高のジャンプ構成だと思うけど成功させました。
やっぱりスポーツは進化するんだね。
もしかして世界最高記録を塗り替えるのでは、と思ったけど、まだ五輪後シーズン1年目なので、点数は抑えぎみなのです。

アメリカ勢も好きなんだけど、あれ?どうしちゃったのかしら。
「スパルタクス」大海原にたゆたうような曲想ですが、佐藤有香さんの絶品スケーティングを見つけちゃった。


日本女子はメダル射程圏内です。フリーも楽しみになってきました。

ラベル:Competition
posted by ホープ at 10:34| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

チーム・ブライアン

「チーム・ブライアン」 講談社 2014.11
この本は日本向けに出版された本で、ベストセラーにもなっているらしい。
オーサーも認めているとおり、ヨナも羽生君も、トロントに行く前からジャンプの質が素晴らしく、五輪で金メダルを獲れる素質があった。質=成功率の高さだと思う。それでも二人は、アジアに留まっていないでクリケットクラブに行ってよかったのは、洗練されたところなんじゃないかな。


”(ユナ・キム)は、ダイアモンド。プレシャス・ダイアモンド” byオーサー

https://www.youtube.com/watch?v=_DmWL4k_sSk 
↑この動画は、2009年世界選手権後のオーサー氏のインタビューだと思われるけど、40分以上よくしゃべる男である。
冒頭、ヨナについて「チームのスタッフやファンに対して、礼儀正しく優しい。でもオーサーが好きなところはユーモアのセンスがあって、funnyおもしろいところ」と語っているようです。
「プッシュしていて楽しい選手だった。*1」「彼女は練習に来るのが大好きだし、私も仕事に行くのが楽しい。*2」とも日本の雑誌に書かれてました。

ヨナのことを父親のように愛していたブライアン。バンクーバー五輪後に、突然別れを告げられてショックだったのでしょう。ヨナの方は、理由を語っていないのでわかりません。しかしコーチを突然、やめさせたり、変更したり、断られたり、なんてことは、他のフィギュアスケートの選手でもよくあること。コーチとしては新米だったオーサーは、もっとビジネスライクに接することを学んだでしょうか。

第1章では、オーサー自身のオリンピック経験が述べられている。今、日本ではフィギュアスケートが超人気。他の国の大会では閑古鳥でも、日本では世界一の観客動員数を誇る。昔は北米でも人気が過熱していたらしく、オリンピックシーズンになると、寝ても覚めてもオリンピックのことばかり、ガソリンスタンドに行くと、オリンピックの記念グラスをもらえて、オーサーも集めていたとか。
第3章のフェルナンデス選手についての記述は、思わず笑ってしまう。スペイン人らしく時間にルーズで、おおらかなところ。まじめな性格の日本人羽生君と、相性が合うのでしょう。
ヨナがいる時は、アダム・リッポン*3やクリスティーナ・ガオ*4がチームメイトでした。

今季、羽生君のプログラムは、ショート、フリーとも魅力的です。そしてスケーティングも、カナダに渡って3年目、成果が目に見えて出てきたように思います。なんというか、重低音が鳴り響いているような、途切れない滑り。
コンパルソリー時代に培ったオーサーのグライティングレッスンで指導する姿は、なかなかかっこいい。
羽生君が、2012年に語っていたのは、
「前に行くときも、うしろに行くときも、肩と腕はまっすぐに」(オーサー指導)
「疲れてくると歩幅が狭くなる。どうしても早く漕ぎたくなる。今まで4歩だったのが3歩。楽になる。歩数がだんだん減ることによって、無駄な力がなくなる。スケーティングがよくなると、滑らかに、スピード感のあるジャンプが跳べる」*5
「ハビエルは、あれはブライアン・オーサーの所の滑りって感じで。やっぱり上半身と下半身が一体になった流れがあります。」*6

*1「ワールド・フィギュアスケート」2012-2013シーズンガイド 
*2「ワールド・フィギュアスケート」no. 40, Nov. 2009
*3 巻き毛の美少年は郷ひろみ路線になっていたな。ヨナについては「キム・ヨナはすごいスケーターですよ。とっても頑張り屋さんですごく練習するし、でも優しくてスイートな女の子。お互いいろいろ指摘し合ったりして、それが僕にとってはとても助けになりました。彼女の助けにもなってるといいなって思います」
(「フィギュアスケートdays plus 2009-2010男子シングル読本」より)
*4「彼女(ヨナ)がプレッシャーの下にいたのを皆が知らないことも私はよく知っている。オリンピックで彼女がやったことがどんなに素晴らしかったか。彼女はリンクのまわりで他のスケーターのように同じだった。ビッグスターだけど、そのようにふるまわないです。icenetwork 20100629
*5 報道ステーション201210
*6「ワールド・フィギュアスケート」no.51, Jan.2012
posted by ホープ at 17:34| Comment(0) | BOOK | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

4CC 2015

results

女子は、五輪後、つまらなくなったけど、男子の方に楽しみがあります。
デニス・テン(21歳)とハン・ヤン(18歳)です。
力強いスケーティングに乗ったしなやかな動き、ローリー・ニコル振付を十二分に発揮した表現力。
とくにデニスは優雅さも加わった。
フリーのプログラム「New Impossibilties」が好きです。最初の腕を伸ばすところから引きつけられます。
コレオシークエンスの音楽、弦楽器の美しい調べと柔らかな動きがステキです。
そして低い音に沈んだところから3Aを跳んだりします。
最後のにぎやかな打楽器によるステップで、デニスの魅力が全開。そして雑技団風のポーズでフィニッシュ。
ハン・ヤンはまだ4回転も確実に決められていないし、今回はあんまりキレが良くなかったように思う。
しかしこの二人は、平昌五輪まで羽生選手の強力なライバルとなっていくでしょう。楽しみです^^

無良選手は、「カルメン」のステップが、全日本で見た時はリズムに合ってなくて流れているように見えたが、今回は、音の伸ばすところや強い音の時に気をつけるとメリハリが出てきて良くなったと思う。

女子はポリーナ・エドムンズ選手が初優勝。フリーの衣装もステキ。カロリーナ・コストナーみたいな長い手足を活かした優雅な演技です。スピンが多彩で、フェアリーでした。

宮原選手の「ミス・サイゴン」は、初戦で見た時、最後のスパイラルが静寂になった所から抜け出すようなのがステキだったけど、シーズンに入ると、静寂の前からスパイラルに入っている。2A3Tもステキなジャンプだけど、2回見ると新鮮味がないような。佳菜子選手も、試合を見る度に構成や振付を変えて、短期間で覚えられるのはスゴイけど。
コストナー選手のボレロも、13年の時は、スパイラルでクレッシェンドしていくところが迫力があったけど、五輪の時は、感じられなかった。
町田樹は、芸術面でこだわりがあるので、ジャンプもプログラムのためにあって、この音楽に合うジャンプを変えたくないとか、言っていた。
競技なので、少しでも点数を取るために、後半にジャンプを持って来たり、あるいは苦手な部分をなくすために、構成を変えて音楽とズレたりするのは仕方ないですね。

宮原さんと本郷さんは、表彰台に上がることができて、ニコニコしている様子はかわいらしかった。
3月の世界選手権が、最高峰の戦いだから、日本人選手もベストな演技でがんばってください。

パク・ソヨン選手。地上波でははじめて見ます。
ジャンプの着氷はまずかったけど、フリーの衣装や、身のこなしがキレイ。
ヨナさんが、演技の指導もしたりしているそうです。




会場は韓国ソウル。確かに最終グループで、日本人選手への声援、拍手が少なかった。日本人の中でもまだ知名度が低い選手が出たから? それともyou tubeなどで一部の日本人が作ったキム・ヨナを貶める動画がいっぱい出ているからだろうか。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 18:12| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

peaceful

ヨナファンのサイト「peaceful Yu-na Kim」が削除されていた。残念だ。
私も別名でコメント欄におじゃましたことはあります。
ヨナさんも引退して、ファンの皆さんもそれぞれ忙しい。新着記事がなくても、コメントが少なくなっても、コメント欄を閉じてもサイトだけ残してくれると良かったのにな。
ピースさん、いままでありがとう。

2012年頃?からのヨナ情報満載で、何よりコメント欄で、多くのファンがヨナさん愛を語っていた。
どうして消してしまったの? 
ラベル:essay index
posted by ホープ at 01:04| Comment(6) | essay | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

全日本2014 女子

宮原選手が全日本初優勝!おめでとう。
丁寧にきれいに滑っているし、もう少し背があればと思ってしまうけど、ジャンプはジュニア時代は軽々跳んでいても、身体が大きくなると飛べなくなるという人が多いので、このまま小柄だとジャンプを跳ぶのには有利なのかもしれません。

本郷選手 「カルメン」はケイトリン・オズモンドのパワフルな演技が印象に残ってましたが、本郷さんも妖艶な表情が出てきて(美人さんなので得)、強い音のところで腕の振り上げも力が伝わってきて(この辺は、鈴木明子さんの指導によるものかも)、良かったです。EXの「スリラー」も面白かったです。

佳菜子選手 今まで先輩スケーターの下にいて、今年は、全日本女王になれるかなと喜びたかったのですが、後輩に負けてしまって辛いね。見た目ちゃんと跳べているのに回転不足か。努力もいっぱいやってきてるだろうしね。表現面では、一番体を大きく使っていて、複雑な振付をこなしながら演技していたと思う。

今井選手 「ジゼル」の前半はかわいい村娘、最後のステップシークエンスで絶望したジゼルを演じ分けていました。過去の日本選手が演じた「ジゼル」より、ストーリーの順番が合っていて良かった。

樋口新葉選手 スタイルが伊藤みどりさんみたいな、太ももが立派でパワフルさを感じる。将来有望ですね。坂本花織さんもジャンプの質が良さそうです。

フジTVでは、鈴木さんの解説がイイ位置に入ったのでは。男子では、技術的なことは本田さんにまかせて、表現面でのフォローをする。女子は、やや冷たい、きつい感じのする荒川さんと、ほんわか暖かい感じの鈴木さんとのコンビネーションが良かった。今季からは回転不足もしっかり指摘するようになったなあ。
昨季までは、コケなければいい、みたいな論調だったと思う。
塩原アナは、真央ちゃんファンには不評だったのかもしれないけど、私はちょっと淋しいな。


ラベル:Competition
posted by ホープ at 00:01| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

全日本2014 男子

Judges Score

羽生選手
 2位に30点差をつけて優勝。一人だけ別次元。
どのジャンプもフォームがキレイなのです。だから着氷も流れる。
「バラード」フライングキャメルスピンのあと、激情的な旋律から、静寂になるところがありますが、スケーティングの伸びと同調していて繊細でした。
「オペラ座」最後のルッツも決めて「やったー」と思い、演技後もスタオベだけど、去年までの人気選手(高橋や浅田)ほどの熱狂はなかったような。。

町田選手
 突然の引退発表でびっくりした。町田選手は、話力があるので自己PRが上手い。「オーディエンスの皆様に、全身全霊を込めてお届けします」とか、いっぱいあるけれど、高橋や羽生のことを褒めたり「ぼくよりスピンやジャンプの上手い選手はいっぱいいる」と謙虚なところも合わせもっているので、町田語録は好感が持てます。これからは研究の道に進むとのこと、がんばって下さい。

小塚選手
 シーズン序盤は不調だったけど、全日本で決められるのは、やはりスケーティングの底力があるからですね。小塚の演技を見たい人は多いだろうし、佐藤コーチも「ガッツポーズ出たよ」

無良選手
 町田の辞退で世界選手権に出場できるようになった。「闘牛士の歌」など、もう少しメリハリをつけて表現したらどうだろう。

ジュニアの宇野選手が4Tと3Aを決めて大躍進の2位。
山本草太選手、長久保コーチから「イメージが羽生と重なる」と言われる。ひょろ長い体型で、顔もあっさり和風。何よりスケーティングが、力を使わずに伸びやかで、見ていて爽快感があった。ルッツやフリップもあっという間に力まずに跳んでいた。
服部瑛貴選手 イナバウアーからの2Aを跳んでいた。
 
ラベル:Competition
posted by ホープ at 13:04| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

勝負曲

NHK杯のEXであった選手のインタビューコーナーで答えていたものです。

羽生結弦 "覚醒/ Sketch book"
村上大介 "Moves Like Jagger"
無良崇人 "A Sky Full of Stars / Coldplay"
高橋成美 "Shake it off / Taylor Swift"
木原龍一 "ちっぽけな勇気"
グレイシー・ゴールド "Blank Space / Taylor Swift"
Gracie Gold.jpg

ジェレミー・アボット "Shut up and dance / Walk the Moon"
村上佳菜子 "People / 加藤ミリヤ”
加藤利緒菜 "Problem / アリアナ・グランデ"
posted by ホープ at 17:04| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

GPF 2014

Judges Scores
羽生結弦 王者の滑りを見せました。
冒頭の4Sと4T +3のボタンを連打したくなる(by信成)出来でした。音楽の使い方がいいですよね。不気味な雰囲気から入って、2回目の4回転が着氷した瞬間に、ジャーンとおなじみのメロディが高らかに鳴り響くのです。(この効果は、パトリック・チャンの「オペラ座」と同じ)
それから2つ目の3Aを跳ぶ前も、後ろ向き滑ってきて歌が切れたところで、振り向いてジャンプ!次の場面転換に鮮やかに入っていくのです。
華麗な演技でした。
最初にうつむき加減で音楽が鳴ったとたん、ピカっと逆三角形の目になるのはヨナの「シェヘラザード」でもあったな。スケーティングが伸びやかでシャープな弧を描いてました。ステップのところでもう少し魅せられるといいかな。
無良くんと町田くんは、全日本に照準を合わしているのかも。がんばれ。

女子は、本郷選手がグレイシー・ゴールドのケガ辞退で繰り上げ出場を果たしました。
ジャンプは、長久保コーチが教えているからいいのよね。やっぱりフィギュアの一番の魅力は、ダイナミックさとスピード感だと思うから、その後で腕の動きや指先まで気を配るような表現力やスケーティングを身につけていけば、いつか大輪の花を咲かせられるかな。
一方で過去に全日本に出た選手で、スケーティングがきれいで表現も繊細な選手が3、4人くらいいたけど、ジャンプがダメだったのか、シニアGPシリーズに上がってくることがない。
Туктамышеваが優勝! 自国の五輪に出られなかった悔しさを晴らしました。
ジャンプの跳び方が、同じミーシンコーチなのでプルシェンコに似てるように思う。ちょっと着氷が流れない(^^;)
Радионова と Липницкая 二人とも気が強そう。
Погорилая 手足が長い。
アシュリー・ワグナーは、選曲と衣装のセンスがいいと思う。
髪をブロンドにして、真っ赤な口紅(ショートでは深みのあるボルドー)、ちょっとニコール・キッドマンみたいなゴージャス感が出てきました。
ロシアっ子より、氷に吸いつくような滑り。
EXは、アリアナ・グランデの"Love me harder"
"gotta gotta gotta got to love me harder♪”とか”ooh ooh ooh love me love me♪”
という印象的なフレーズの繰り返しで、背中の筋肉を動かしたり、両手を上げて動かしたり、ツイズルをしたり、振付を変えながら音を表現したり、短い音では素早く動いたり、ツボにはまっていた。
NHK杯のEXで各選手に勝負曲を答えてもらってましたが、フィギュアスケートで音楽のトレンドを知る私。
そういえばバンクーバー五輪の時に浅田さんが演技前にヘッドフォンで、なんで浜崎あゆみを聴いてるのと思ったけど、その後に読んだ荒川静香さんの本「Tira mi suだから私はがんばれる」で、練習の時にかける曲と同じ曲を聴いてふだん通りの心境にしているそうです。
posted by ホープ at 23:24| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

NHK杯 FS 2014

男子は村上大介選手、女子はゴールド選手がGPシリーズ初優勝!
初優勝のシーンは感動する。うれしそうな笑顔と涙に見ている方も涙。

日本女子は14季ぶりにファイナル進出なしだそうです。
ま、そういう年もあるさ。それより全日本でがんばって下さい。
知子ちゃん3位おめでとう。記者会見は英語で話したりしたのかな。
佳菜子ちゃんは、3連続がノーカウントになって勿体なかった。
ゴールド選手の3Lzは高さがあるけど、着氷が流れないとセカンドの3回転にうまくつなげられないのかも。
レオノワ選手もベテランになってイイ味を出していた。お酒を飲みほすようなしぐさがあって、その後グラスの割れる音が効果的。
「オペラ座の怪人」が全員集合! 四者四様ありましたが、それだけミュージカルの音楽がどこを切り取っても、使える魅力的な旋律が詰まっているってことですね。
ゴールド選手もしなやかさが出てきたし、佳菜子さんはファントムの怖い感じが出ていた。
羽生くんは、やっぱり五輪金メダリストとして、無理せず休んだ方がヨカッタかな。衣装はステキだけど。
無良くんもミスがあったけど、ファイナル進出できて良かったですね。

音楽が盛り上がるところで、ダイナミックなジャンプとか、伸びのあるイーグル、イナバウアー、スパイラル、ランジ、ハイドロブレーディングなど見せられるとスゴイなと思う。

EX
羽生くんの「花は咲く」美しかったです。
もちろんジェレミー・アボットはいぶし銀の滑りだし、川口スミルノフペアの「カルメン」柔軟性を活かした技やポーズは、おぉーと引きつけられました。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 01:00| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする