2013年12月28日

テレビ観戦

全日本のオープニング映像の切り絵と色をつけるところがキレイだった。
GPF(テレ朝)は、○○選手の昨日の演技、前大会の演技、去年の演技、今日の演技とふり返りが多いので、その分、アイスダンスやペアの選手も3位くらいまで放映してほしかった。
エキシビションも地上波の放送では、GPFは、10組。世界選手権は13組の選手が登場。
今回、フジは町田選手のEXを機材トラブルで放送できない失敗をやらかしてしまうが。
ポエムもキレイなものもある。
「夜明けをつげるあげひばり」
「火の鳥が目を覚ます ファンファーレとともに」
「クリスティーヌ。。万感思いをこめてふり返りました」
気取って言うのがおかしいもの
「ダブルアクセル トリプルトゥ。。」
「ファントム オブ ジ オペラ」(英語を使いたがる)
「コンビネーション!!」(2013worldのオズモンド選手フリーの時が一番弾んでいたかも)
意味がわからないもの
「カナダの雪景色の中 結晶(決勝)をつかみとってみろ」
 ↑佳菜子の世界選手権「ピアソラメドレー」のスパイラルが終わったあたり。しかし音楽に乗って何か盛り上げようと、応援しようという気持ちからかもしれない。ご当地ものを入れるのが特徴。
最終グループの6分間練習は、試合を見に行っても一番気分が高揚する時だが、TVで見ていても選手紹介が盛り上がるので楽しみです。
テレ朝のアナウンサーも悪くないけど、リプニツカヤの「シンドラーのリスト」で5連続ジャンプの最後で「あと1ぽーん」と叫んだのは興ざめした。
テレ朝で良かったのは、プログラムの紹介で映画の映像をちょこっと見せてくれたところだ。
ラベル:essay index
posted by ホープ at 02:18| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

インタビュー

ゴールデンスピン後のインタビューはコチラ(キム・ヨナ・アルバムさんより)
ヨナさんの右足の甲のケガは、得意のトゥ系のジャンプでトゥを突く時の衝撃が長年、蓄積してきた代償だった。
この前、伊藤みどりさんを特集したNHKの番組を見たが、みどりさんも高いジャンプを跳ぶので着地の時の衝撃で、骨折やねんざが何回かあって最後の五輪シーズンには体が悲鳴を上げていたらしい。
ケガも実力のうち、と前に書いたし、言い訳じゃないのですが、「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」そんな言葉が浮かんだ。
ヨナが痛みのことを口にするのは、韓国の人が当然、金メダルだろうと期待しすぎさせないためじゃないかなと思います。

ヨナのインタビューや会見の記事を読んでいると、頭が良くてしっかりした子という印象です。
かなり長い(韓国ドラマみたいに)インタビューでも、語彙が多く、話す内容も筋が通っていて共感できます。
紋切型ではなく、味わい深い言葉があったりする。
ヨナファンの方々が、ヨナさんの言葉を翻訳してくれたり、海外で評価されている記事を紹介してくれるので知ることができる。ブログ主さんの都合もあるでしょうが、ヨナ引退後も記事を残してほしいと願います。

「Adios Nonino」に関連したことですが、
2009年世界選手権後のインタビューでほかの選手の演技で強く印象に残っているものを聞かれ、「2年前に東京世界選手権のとき、ジェフリー・バトルのSPの演技は感動的だと思いました。理由はうまく言えないけれど。」と答えています。(「ワールド・フィギュアスケート」No.38)
ラベル:essay index
posted by ホープ at 14:48| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

ミュージカル「レ・ミゼラブル」

同じものを2回見て、感動して泣けるかどうか。私はどうなんだろう。
ただレミゼのあの映画は、よく出来ていたと思う。ツボを心得ていた。
「夢破れて」を歌うところは、ミュージカルでは工場を首になった時だけど、映画では、ファンティーヌがはじめて娼婦として客をとった後に歌いだすので、より痛切さが増していた。
ヴァルジャンが水汲みのコゼットに出会って名前をたずねて、「コゼット」と答えた時のヴァルジャンの顔を輝かせたところが舞台では遠いのでよくわからなかった。ヴァルジャンがコゼットを想う「Suddenly」という曲がなかった。
フィギュアスケートの演技でも音(ツボ)にどんぴしゃ合わせられないとああ、快感!にならないことがありますよね。
もっとも今回は泣けるかどうかがポイントじゃなくて、生の歌声を聴きたくて行ったのです。
ジャベール(川口竜也)が歌った「星よ」が一番、拍手が大きかったように思う。
映画では、ヴァルジャンとジャベールの声質が違うところが良かった。
テレビの特集番組でジャベールがセーヌ河に身を投げる演出がブラボーとか言ってたので、床が開いて下に落ちるのかなと想像したのですが、後ろに身を投げるようにして映像でうずまく河にのまれていくという演出でした。
「夢やぶれて」は、私の好みでは岩崎宏美さんが一番、好きです。
それから私は、オペラでもミュージカルでも三重唱が好きです。この部分は、劇場で見るとひきつけられます。
「On my own」は、ヨナファンなので、ヨナの演技が完全にオーバーラップしてしまいました。^^;
フェスティバルホールは大きい会場(満席)なので、エンディングの拍手がすごかったです。でもロンドンの小さい劇場で見るようなミュージカルもいいかもね。

ミュージカル通ではない私の感想ですが、映画を見て感動してからミュージカルをはじめて見た人で、同じように感じた人もいたようです。上に書いた以外のことで、ややテンポが早くてストーリーに合わせて次から次へ歌うという印象があった。
それから「One day more」を「あしたは〜」と歌うと違和感があったが、それも映画を見る前だったら、日本語だから歌詞がよくわかっていいということになるんだろうけど。
もちろん「レ・ミゼラブル」が素晴らしい作品であるという評価は変わりません。

テナルディエ夫婦は、悪党だけど、出てくると妙に陽気でユーモラスな場面になって作品を盛り上げている。
崇高感動シーンばかりだと重苦しいので、清濁あわせのむのが、人間、人生ということかな。
ラベル:essay index
posted by ホープ at 12:09| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

ノーミス演技

夏休みの自由研究です。
06-07シーズンからのグランプリファイナル、世界選手権、オリンピックで、表彰台に上がった選手の中でフリーでノーミス演技をした選手を調べてみました。
まずプロトコルを見てそれから動画で確認しました。

ぴかぴか(新しい)マイナス(減点)がないパーフェクト演技
★グランプリファイナル
2008年ジェレミー・アボット(1位)

★世界選手権
2008年ジェフリー・バトル(1位)
2009年エヴァン・ライサチェック(1位)
2011年小塚崇彦(2位)
2013年キム・ヨナ(1位)

★オリンピック
2010年キム・ヨナ(1位)

〜惜しい選手(減点1個のみ)〜
高橋大輔 2007年ワールド 4T (-1.0) お手つき
鈴木明子 2009年グランプリファイナル 3Lz(-1.2)エッジエラー
エフゲニー・プルシェンコ 2010年オリンピック 3A(-0.36)
パトリック・チャン 2011年ワールド 3A (-1.57)ステッピングアウト

一見ノーミスでも回転不足やスピン、ステップのレベルが2になっている選手は挙げませんでした。
見落としあればご指摘ください。
ラベル:essay index
posted by ホープ at 17:54| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

SONGS

最近、見たSONGSという番組に松田聖子さんが出ていた。
聖子ちゃんは、聖子ちゃんカットをしていた頃、かわいかったのです。
色白で、目は一重だったけどブラウンのアイメイクが映えて、声は艶があって伸びやかでした。
衣装も清楚でかわいいものばかり着ていました。

今や50歳を過ぎて、Tシャツ、ミニスカで80年代風のリズムを取りながら「夏の扉」を歌うところがスゴイ。
顔(頭)の大きさに比べて細い体。

松本隆さんの繊細で精巧なガラス細工のような詩が好きでした。
今は聖子さんが自分で作詞をしています。
「ずっとずっと大好きよ」
「心の涙がとまらない」
「雨が上がる空に白い月がかかるわ」

聖子ちゃんの好きな歌
1.風立ちぬ
2.白いパラソル
3.瞳はダイアモンド
ラベル:essay index
posted by ホープ at 16:05| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

同じような演技?

バッククロスについて。
ヨナのバッククロスは、両手をぴしっと広げてきれいだし、フェンスぎりぎりのところを駆け抜けていくのは上手だからわざと見せていると思う。スピード感のある音楽に似合うし。
前向きにオイッチニ、オイッチニとコーナーを回っていく方がいいとでもいうんだろうか。
バッククロスはスケート初心者にとって憧れの技ではないでしょうか。トリノオリンピックを見ていた頃、むずかしいターンを知らなくても、プルシェンコや荒川さんのクロスしているフォームが印象に残ってます。

ジャンプ構成について。
TVで佐野稔さんがキムヨナは2A3Tを3S2Tに難易度を落としている(マイナス1.79)とか話していたけど、そこかよ、強調するところは、と思った。
冒頭の3LZ3T。ブランク明けでもクリーンに跳んできました。そして続く3F。ここはすぐリカバリができるように、不動のコースです。
そしてイナバウアーやイーグルからの2A。これも出来る人が希少だし、音楽の流れに合うのでウィルソンは入れ続けるでしょう。
浅田選手なら冒頭にトリプルアクセル、そしてループを合計6回跳びます。ツイズルが多い。コストナー選手は、ジャンプの着氷後やバックスパイラルで、滑りの伸びを強調するかのように、片手を前に伸ばすしぐさがよく見られます。
競技ではその選手の得意な技で構成されたり、振付師がよく使うしぐさが見られたりしますが、制限された枠の中で、その曲の世界観を表した振付や音楽にあった表現を見るべきです。(当たり前のことなんだが^^;)
またその選手の十八番みたいな技(ヨナの仰向けになるスピンとか、リプニツカヤのキャンドルスピンなど)を持っていると見るのが楽しみです。

同じような演技という人は、2年続けて同じプログラムを見るのはどうなんだろう。
コストナーの「ボレロ」は1回しか見てないし、ミスがあったから、ぜひ来季も見てみたいです。レオノワの「弦楽のためのアダージョ」やパトリック・チャンの「エレジー」は、「えっまたやるの」って思ってしまった。
シーズン序盤は、滑りこんだプログラムで有利だろうと思うが、実力者なら、新しい曲に挑戦して、いろいろな表現を見せてほしい。
それからショートとエキシビションで同じステップの振付というのは応用がきいていいと思うけど、エキシビションが毎回、同じプログラムより、とくに日本人選手は見る機会が多い(6回くらい)ので、違うものも見たい。

ヨナも振付師を変えればまた違う魅力が見られるかもしれない。
しかしヨナとウィルソンは、松田聖子と詞を書いた松本隆みたいな(俗っぽいたとえしか思いつかなくてスミマセン)最高のコンビだと私は思う。
ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 18:00| Comment(2) | essay | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

ノートルダム・ド・パリ

ミュージカルの「ノートルダム・ド・パリ」を見てきました。
まあまあ良かったです。「レ・ミゼラブル」の映画や、この前のスケートの演技を見た感動には、はるかに及ばないけど。
コマのついた柵(バリケード)を動かして、ダンサーたちがすりぬけたり、下をぐぐったり、大聖堂に見立てた石壁をよじのぼったり、吊るされたり、アクロバットな演技とダンスに迫力がありました。
羽生選手のプログラムは、音楽のイイところばかり使ってましたね。
最初と最後の音楽は、ミュージカルの構成と同じです。導入部分で語り手が歌うところと、ラストのエスメラルダの亡骸を抱いてカジモドが「もう一度踊って」と歌うところです。中間部の音楽は、ジプシーたちが戦っている音楽か、聖職者のフロロが苦脳している音楽だったかな。いいかげんです。もっと詳しく書かれているサイトがあるかと思います。
 ノートルダム大聖堂の司教、フロロは、同じユゴーの作品「レ・ミゼラブル」のジャベール警部と同じような立ち位置にいるんだなと思った。職業に忠実でいようと異端者に冷酷ですが、人間らしい心や欲望と葛藤します。違うところは、ジャベールは最後に自殺してしまいますが、フロロは、エスメラルダを死に追いやってしまいます。
 この物語をはじめて知ったのは、中学生の頃、「あしたのジョー」の漫画を読んだ時です。少年院での慰問劇に使われていました。大人になってからノートルダム寺院を訪れて、あの石造りのらせん階段や、ガーゴイルを見て、こんな所にカジモドが住みついていたんだろうなと思った記憶があります。

注)↑ノートルダム寺院はユゴーが生きていた頃から改築を重ねているので、物語で描かれている造りをとどめている部分は少ないそうです。
<おもな登場人物>
エスメラルダ・・・魅惑的なジプシー娘
カジモド・・・ノートルダム大聖堂の鐘つき番。醜いせむし男だが、心は清らか。エスメラルダを愛する。
フロロ・・・聖職者のくせに、エスメラルダによこしまな欲望を抱く。卑劣な手段を使う。
フェビュス・・・婚約者がありながらエスメラルダと恋仲になる。浮気がばれるとあっさりエスメラルダを裏切る。
かっこいい羽生くんに合う役柄はない。語り手のように「昔、パリのノートルダムにこんな悲しい話があったよ」とストーリーをスケートで表現していたのだと思う。
ラベル:essay index
posted by ホープ at 16:44| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

映画「COACH」

コーチ : 40歳のフィギュアスケーター
監督: 室希太郎 2010年2月公開

テレビで見たけど、まったくつまんない映画だった。
主演は西田美和さん。伊藤みどりの時代に活躍された方。この映画のお口直しのように、「DVDでもっと華麗に!魅せるフィギュアスケート上達のコツ」という本を出されています。
伊藤みどり、荒川静香、安藤美姫は演技の映像を使っただけ。
「俺たちフィギュアスケーター」の方がよっぽどおもしろかった。
40歳で現役復帰、オリンピックをめざすという設定が無理すぎて。70何点かで、代表に選ばれるとか。
ダブルアクセルが跳べずに、空手の回し蹴りを習得した新しいジャンプ”ブルーローズ”を跳ぶ。
主人公の元恋人の子供を選手に育てるというストーリーだったら、タイトルにも合っているし、まだ見られたかもしれない。
美和さんは、ジャンプは飛べなかったけど、DVDでスケーティングの模範演技されているくらいなので、きれいでしたよ。
主人公の演技に点が低くて、観客が床をガンガン踏みならしてブーイングする場面がありました。昔ミュンヘンの世界選手権('74)で実際にあったことで、次の選手が怖がって出られないほどだったそうです。映画の中で真似するのもどうかと思いました。

posted by ホープ at 20:35| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

コゼットとエポニーヌ

「レ・ミゼラブル」の原作本(簡約版)を読んでみると、コゼットとヨナさんには、ちょっとした共通点がありました。
コゼットは、8才になるまで養父母の家で、虐待まがいにこき使われ、「ひばり」というあだ名で呼ばれていた。
ヨナもシニア1年目で「あげひばり」を演じ、世界選手権では、腰痛のため腰にテーピングして、二度転倒し、痛々しかった。(訂正→テーピングしてたのはGPFの時でした。ワールドでは、腰痛のために体力トレーニングが十分にできなかったと会見で答えてました。)
しかしコゼットは、ファンティーヌやエポニーヌと違って、物語の最後でお金持ちになり、愛する人と結婚して幸せをつかんだ女性です。
ヨナもオリンピックで金メダルを取って、富と名声を得たといえます。
さらに、岩波少年文庫のあとがき(by鹿島茂)によると、
”第三共和制(1870-1940)が始まった頃、ウィンレットという画家が描いた一枚の絵があります。その絵は一見すると、桶を運ぶコゼットにジャン・ヴァルジャンが手を貸してやっているように見えますが、よく見ると、ジャン・ヴァルジャンは晩年のユーゴーその人ですし、コゼットは若いフランス共和国の象徴の女神マリアンヌなのです。”と書かれている。
ヨナさんも韓国の英雄、誇りみたいな存在。
フィギュアスケートで韓国にはじめて金メダルをもたらした選手。平昌オリンピック誘致に大使として貢献する。今も枠取りのためにがんばっている。「韓国の生きた芸術品」(Vancouver Sun),「わたしたち(韓国)にはチョン・ミュンフン(世界的な指揮者)とキム・ヨナがいる」(朝日新聞)
とまあ、こんな感じ。
それで韓国発のニュースでは、ヨナはコゼットを演じていると言われるのかなと思います。

鹿島茂氏は、「レ・ミゼラブル百六景」という本の中で、コゼットよりエポニーヌの方が魅力的に描かれていると指摘していました。私もそう思います。
コゼットは、ヴィクトル・ユゴーにとって娘のような存在で、エポニーヌはユゴーが愛した愛人の合成人物なんだそうです。
ヨナのプログラムの中で中盤の核をなす音楽が、エポニーヌの歌う「on my own」です。
♪あの人が隣にいるつもりになってひとりぼっちで朝まで一緒に歩く。雨の中、舗道は銀のように輝いている。川辺の光は霧の中、闇の中木々は星の光で埋め尽くされている。だけど夜が終わってしまえば、あの人は消えて、川はいつもの川でしかなく、あの人がいないと、世界が変わってしまう。彼を愛しているの。だけどそれはあたしのひとりよがり♪ というような切ない乙女心を歌った歌詞です。エポニーヌの最後はマリウスを救おうとして弾に撃たれるのですが、マリウスの腕の中で「ぜんぜん痛くないわ」と言いながら死んでいく。エポニーヌの純情に泣かされるシーンです。
最後のコレオシークエンスは、物語のクライマックス、民衆蜂起の勇ましいところをイメージしているんでしょうね。

ところで私は作品の解釈をむずかしく考えないで、まず音楽に合っているかが一番で、あとは雰囲気に合っていればOKって感じです。ジャッジは、全部の選手の使用曲で、元となるオペラやミュージカル、映画を鑑賞しているでしょうか? 
ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 16:52| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

実況と解説

どうでもいいことですが、八木沼さんは、失敗ジャンプを呼ぶ時に感情を込める。
村上「シングル...アクセル」(悲痛な感じで残念そうに)
浅田「ダブルサルコウ!」(4大陸の時は、これでいいんです、みたいな感じ)
キム「シングルフリップ」(冷たい感じで)

ポエム実況
4大陸女子ショートのフィニッシュ後の第一声は、こんな感じでした。
村上「フィニッシュ前に笑顔大きくはじけて」
鈴木「しびれる姉御がリンクに帰ってきました」
浅田「笑う門には真央来たる」
ベタ甘解説と、塩味というかこしょう味の実況とで絶妙なバランスを取りながら今後も続けていくでしょう。

もうすぐ世選ですが、日本人選手を盛り上げていってほしいと思いますし、外国人選手についてはウソの情報だけは言わないでください。

ラベル:essay index
posted by ホープ at 00:06| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする