2015年06月06日

Yuna Kim Sochi SP camera angle

"Send In The Clowns" camera angle NBC vs franceTV, NHK

3Lz3T
NBC
send-in-the-clowns-4_small.gif

franceTV, NHK
sitc-2_small.gif

3F
NBC
sitc-flip_small.gif

franceTV, NHK
sitc-2-flip_small.gif

2A
NBC
sitc-eagle_small.gif

↑ wonderful move! Yuna's spread eagle has long distance and speed.
It's like surfing.

franceTV, NHK
sitc-2-eagle_small.gif


A man who waves his hand at rinkside(france TV, NHK)
 ↓
gif: SITC

Adelina Sotnikova
gif: 3T3T
gif: 3F
gif: 2A

キム・ヨナのNBC以外の放映は、ヨナのジャンプの長所を消していて、作為を感じる。
残念ながらフリーではNBCも、NHKと同じになっている。→訂正:違ってました。NBCだけ違う。
他の選手はどうかと調べてみたけど、あまり動画が上がっておらずソトニコワ選手で確認した。NBCはTV画面をそのまま写したもので映りは悪いが、他の放送局と同じようなアングルだった。
なぜヨナだけ?と疑問だが、どんなカメラワークでも、滑りのなめらかさや身のこなしの美しさは隠せないものだ。

演技後に観客席がちらりと映る(NBC以外の放映)が、韓国の応援団のそばで2,3人の白人女性が、笑顔で拍手していた。「さすがねえ、きれいだわ」と言う表情でした。
”Exquisite" (NBC解説)

タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 17:38| Comment(5) | gif | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

Only Yu-Na

☆3-3
「これがキムヨナ!」
gif:Kiss of Vampire ← clickしてね。
蜂のように刺す3Lz、蝶のように舞う3T

☆2A3T from ina bauer
gif:The Lark Ascending
イナバウアーから2Aは、他に一人だけやっている人がいました。2013年四大陸でChantelle Kerry という選手です。


☆back crossover
 流麗。
 誰かがヨナのスピードを鷹にたとえていたけど、コーナーを大きくクロスで旋回して、獲物(3-3)をめがけて急降下、スピード上げていくところが毎回、カッコイイです。
gif:Homage to Korea

☆various spin 多様なスピン
 Yuna camel トレードマークにもなってます。
gif:Gershwin Concert in F 
Sit to I spin シットからそのままI字スピン。たぶんI字スピンは演技の途中に似合わなくて、最後はコレで締めるという定番です。
gif:Les miserable
sitspin.jpg肩甲骨やわらかい。
 Flying
flying.jpg
Layback spin
gif:Meditation from Thais

☆arm movement(elegance, extended glide) 手の動き (エレガント、ひとけりの伸び)
gif:Papa can you hear me? (practice)
腕の動きだけじゃなくて体のそらし方とか単純でなく、抒情性があって、天性のものですね。
gif:Papa can you hear me?
gif:Only hope
gif:Gershwin Concert in F
gif:Someone like you

☆flexible やわらかさ
gif:Homage to Korea

☆magnificence(speed, glide) 壮麗さ(スピードとグライドの大きい滑り)
gif:Gershwin Concert in F
gif:Les Miserables
gif:Warm up
gif:Fever

☆sharp edge
gif:Scheherazade
gif:Ben

☆Musicality (Speed control) 音楽性
gif:Les Miserables
全身で音楽を表現する。腕の動きは音を率いる指揮者のようです。「ここは情感豊かに」「さあフルート入って」
gif:Send in the Clowns
緩急のついたステップシークエンス

☆fantastic (artistry)
物語の世界へ引き込む。
この導入部分でいえば、緩急をつけたり、低い姿勢から高い姿勢へ、なめらかでしなやか、魅惑的です。

scheherazade1_4908638_GIFSoup.com.gif
タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 01:27| Comment(0) | gif | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

佳菜子ちゃん応援

村上選手、4大陸選手権優勝おめでとう!
ヨナファンの私ですが、もちろん日本人選手も皆、がんばれ〜と思ってます。大ちゃん、真央ちゃんはファンが多いと思うので、佳菜子ちゃんの応援ページを作ってみました。

3T3T
佳菜ちゃんの武器です。スピードと幅があります。冒頭にもってきてから成功率も上がりました。4大陸フリーでは、(8.2+GOE1.9)=10.10点をもらいました。
kanako3-3_4956530_GIFSoup.com.gif

ジャンプに癖があると言われたりするけど、一瞬のことだし、ジャンプ前のスピードはあるし大きく飛ぶようになってきた。
スケーティングもシニア1年目より良くなっているし、表現も繊細なところもあるし、演技全体を見てほしいなと思います。

シニア1年目の演技 2011 世界選手権フリー


2014 四大陸フリー すばやいUP,動画主さま、ありがとうございます。

この曲は、哀感があって、後半に向けてジャンプを一つ一つ決めていくと泣けます。
見た目、ノーミス演技が今季3回目です。スピン、ステップもすべてレベル4。あとはPCS、もうちょっと上げてくれ。

繊細な表現とか体のラインがキレイに見えるところ
kanako1.jpg
kanako3.png
kanako4.png

gif:Violin Muse
gif:Violin Muse 音の高まりに合わせてバーン。一連の動きに流れがある。
gif:Yentl

posted by ホープ at 14:26| Comment(0) | gif | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

おじぎ

2013 worldを見ていて、深く膝を曲げるポーズで前に勢いがあるのは元気があっていいけど、
ヨナやコストナーのおじぎは、ほどよい品があってキレイ。ジジュンちゃんはヨナそっくり。
両膝曲げたり、後ろに手を組んだり、肩たたきみたいに手がグーになってたり、選手によっていろいろあるなあと見ています。
ヨナの「All of me」や、あっこちゃんの「キルビル」みたいに曲のイメージに合わせてマニッシュなおじぎに変えるのもイイ。
gif: おじぎ

岸恵子さんがキム・ヨナをほめていて、その記事が削除されていてイヤ〜な気分になったけど、ヨナファンのサイトで読むことができた。
昔、岸恵子さんのエッセー「巴里の空はあかね雲」を読んで「オシャレで気丈夫で頭の良い女優さん」という感想を私は書いていたので、ヨナへの見方もまったく的を得ていた。
女優としては、一番印象に残っているのはドラマ「赤い疑惑」のパリのおばさま役です^^
ミス・マープルの日本版ドラマもなんとなくおしゃれな感じでした。
タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 12:54| Comment(0) | gif | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

スケーティングの秘密

ガーシュインのピアノ協奏曲は最高のプログラムだったと思うけど、音楽と振付がやや前衛的だったのに比べて、「レ・ミゼラブル」は予想どおり、音楽が感動を盛り上げ、素材の美しさが光ったプログラムでした。そして22歳になったヨナ選手が、スケート以外にもいろいろな経験を積んできて、この壮大な人間愛のドラマを演じるのに成長が見られました。



どうしてキム・ヨナの演技は美しく見えるのか、ひきつけられるのか、素人ですが、自分なりに分析してみました。
@加速する。
 バッククロスに入る前(0:56)とか、ルッツの助走とか。ヨナのブレードには、アクセルペダルがついてるんじゃないかと思うくらいたまにぎゅーんとスピードが出る。

A氷への摩擦が少ない。
 キレ味するどいターンと、氷から浮いているみたいに見えるターンがあります。
ステップの時に見られるループがすごく勢いがあってきれいだなと思います。
このプログラムでは、音楽が”Who am I〜 24601♪”に合わせて、ダイナミックでスピーディーなエッジワークで洪水のように流れ込む感じを出しているところです。(2:14あたり)フィギュアスケートは流れの中で演じるものだけど、ヨナは時折、激流を見せるところがすごいです。
lemise4.gif

Bトゥの使い方がうまい。
 ステップシークエンスの続きです。音楽が”on my own”に入った時、動の動きAから一転して静になり、会場内もしーんと演技を見守っているのが伝わってきました。ここはウィルソンとヨナならではの繊細な美しさが作られていました。
トゥ立ちして音を引き寄せるような動き(2:37)。
lemise2.gif
他のプログラムでも流れの中で一瞬、トゥで静止して、ふわっと柔らかく見せているのがありました。

C音楽を奏でる
 音楽を表現するというのは、フレーズまるごととか、ピンポイントに音に合わせるとか、あると思いますが、エッジワークで音楽を弾きこなしているような印象を感じる時があります。 ステップシークエンスの最後(2:41〜2:44)とか、コレオシークエンスに入る前のステップ(3:43〜3:59)とか。
lemise3.gif

D方向転換が一瞬にしてスムーズ
 ルッツを跳んだ後、ターンを入れて最後に弦のハーモニクスみたいな音?に合わせて足の向きが変わるところ(3:01) 良い意味で予想外の動きを感じます。
lemise5.gif

以前のプログラムでは、ガーシュインのステップに入る前に注目。


Eひと蹴りが伸びる
 全編を通じてそうなのですが、3:07あたりの、腕を後ろから前に持ってきて背中が山なりになるところが音楽と同調していたし、歩幅が大きいのでできる動きでは、と思いました。

F流れの中でジャンプを跳ぶ
 これは解説でもよく言われていて、一番見た目にわかりやすいかもしれません。
タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 16:33| Comment(0) | gif | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

Han YAN

会場で見た時、ケビンの3つ目の4回転は拍手の大きさで気づきましたが、ヤン・ハンの3Aは、衝撃的でした。やはりスケーティングが上手だと、ジャンプも無駄な力なく、きれいに飛べるし、氷の上を制御して表現も伸び伸びできるんですね。平凡な振付だけど、音楽に合わせるのでなく、音を鳴らしていた。力が抜けているけど、ここぞという所でキレがある。パトリックよりしなやかで、ヨナみたいな感じだ。「仮面舞踏会」の最初のポーズをとるところ、ちょうどいい感じの趣きがあった。
髪型もユニーク。新進気鋭の音楽家みたい。キスクラ席で、コーチ二人にもたれかかるところが、まだあどけなさがあってカワイイ。

【追記】
前、埋め込みしていたyou tubeの動画が削除されてしまっていたので、gifを作ってみた。
gif:Han Yan
@'13 4CC Spでの3A
ISUのロゴマーク(何メートルくらいあるのかな)を飛び越えてますね。
A'13 4CC Fsの最初のポーズ。詩情があります。
posted by ホープ at 12:52| Comment(0) | gif | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

しなやかな腕の動き

フィギュアスケートにおけるバレエ的な演技って?
トゥステップで回転しながら移動していく(シェネ)その場でトゥステップ(パ・ド・ブーレ)
バレエジャンプ アラベスクのスパイラル スピンやジャンプの後にアティチュードみたいなポーズ
ビールマンスピンのポジションは、バレエにはなくて、新体操みたいです。ビールマンスピンでもアラベスクでも、フィギュアスケートと新体操、バレエの足の上げ方は違うらしいです。

それからしなやかな腕の動き。
スケートは言うまでもなくスピードがあるから、バレエのような動きがついていかない場合もあるけれど、ゆっくりになった時や、スパイラルのフリーハンドや、レイバックスピンや、ツイズルの時の手のつけ方に、しなやかな腕の動きが見られることがある。
ムチがしなるような、くねらすような柔らかい動き。
村主章枝さんの自著によると、ゴムチューブなどを軽い負荷で、使う筋肉に意識を集中させながら、動作をひたすらくり返すトレーニングをしたり、ウェーブという一方の指先から波が起こるように、指の第二関節、付け根、手首、肘、肩、もう片方の肩へ伝わり、同じように指先まで流れていくように見せる技を練習したりするそうです。「表現力の幅を広げるためには、自分の意識で、関節分解するように骨や脊髄も一つひとつバラバラに動かせるようにならなければいけない」とのことです。

今シーズン最後のworldのエキシビションで安藤選手の腕の使い方がとてもしなやかになっていたなあと思いました。訓練の賜物ですね。

違う表現力があるというより、差というのか、あるいはセンスの違いみたいなものを感じた。↓

arm1
arm2
posted by ホープ at 23:21| gif | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

緩急

前回、ピボットの動画ばかり集めてみましたが、回っているところばかり見ていると酔いそうな感じですね^^;
今回のテーマは緩急(一瞬の動きを早くするところ)です。シャープな動きが誰でもできるわけじゃないと思う。
gifだとわかりにくいかもしれないので、動画を見る時、音楽を聴きながらチェックしてもらったらわかるかと思います。

quick1
quick2
quick3
quick4
posted by ホープ at 10:13| gif | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

ピボット

スピンやステップ、スパイラルで、おっスゴイと思わせるような技をやってのけるような選手もいる。キム・ヨナの最大の武器は、3−3。世界最高得点を出したからって、なんでも凄いっていうわけじゃないが、総じて優なのでしょう。
それから地味に上手だなと思うのは、ピボットです。
pivotとは、フリーレッグのトゥをついて回転軸として、スケーティングレッグを回転させる技です。
あんまりこの技を入れる女子選手は少ないように思うのですが(最近は見られるようになってきましたかね)、ヨナは、競技用でもEXでも、フレーズの終わりによく取り入れています。とてもクリーンで、早くしたりゆっくりしたりが自在で、音楽を表現するのに効果的だと思います。

pivot1
pivot2
pivot3
pivot4
pivot5
タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 16:39| gif | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

独創的なスピン(好きな形)

キム・ヨナ「ガーシュイン/ピアノ協奏曲」 腕をすりすりと身体の内に入れていくところ。ヨナ以前にやった人はいるでしょうか?gershwin_o_GIFSoup.com.gif


荒川静香"Flozen"
frozen1_o_GIFSoup.com.gif
Y字スピンで足が一直線に上がっていくところってキレイですね。フリーハンドも下におろしていく方がシルエットがキレイ。

村上佳菜子"Jumpin Jack"
jumpin_o_GIFSoup.com.gif
レイバックスピンの時、手を高く上げて振りをつけるところがおもしろい。

高橋大輔 「ブエノスアイレスの冬」
スタンドスピンで手がペタペタと上から下へつけられるところ
daisuke_o_GIFSoup.com.gif

キャロライン・ジャン「アベマリア」
もう見られなくなったパールスピン


中野友加里「白鳥/サン・サーンス」
http://www.youtube.com/watch?v=WZanbL9rcLE&feature=player_embedded#t=151

中野さんといえばドーナツスピン。衣装が羽みたいで手の動きが白鳥の首みたいに優雅に見える。フリーハンドを左右で変えている。

キム・ヨナ「ミス・サイゴン」
http://www.youtube.com/watch?v=1BIT_fTeQaY&feature=player_embedded#t=128

あの変形キャメル、日本語のウィキではバトンスピン、英語のでは、Bent-leg layover spinとかyuna camelとか書かれていたが、あれをジュニアの時代からやっているんですね。
ヨナのコンビネーションのスピンは、力むことなくスムーズにつながっていく。


ビールマンスピンならポジションがきれいで、回転が速くて、とかキャメルスピンなら長身の男子の風車みたいなのとか、女子なら腰より足が上がっているのがよいとか、そういう定番のお手本スピンの話ではなく、ここではフリーハンドのつけ方などイマジネーションあふれるものを挙げてみました。
同じパターンだと新鮮味がない。人と違うところを見せるなら、美しくかっこよく、あるいはおもしろく、音楽と合っているかどうか、選手の工夫が見られるところです。表現力があるかないか、あるいは見る側の好みかもしれませんが、こんなところに表れるかもしれません。
posted by ホープ at 01:06| gif | 更新情報をチェックする