2016年01月12日

NHK杯スペシャルエキシビション

鈴木明子「シルク・ド・ソレイユのオー」
 舞台照明(観客がLEDのペンダントをつけていて蛍みたいだった)が一番、映えていた。リンクが緑になったり、ブルーになったり。フェンスに広告がなくて、緑の森が描かれていたらと思うほど。
競技用のプログラムだったけど、ジャンプが2つくらいになってもちょうどいい。舞踊家のようだった。幻想的な演技だったなあ。シルク・ド・ソレイユの公演にも呼んでもらえるんじゃない。

荒川静香「ユー・レイズ・ミー・アップ」
 出産を経ても肋骨が見えるくらい細い。この衣装はオリンピック当時、着ていたブルーの衣装とデザインが同じかな。私も背中で見せる演技というのがわかってきたかも。背中の白さが際立っていて、持って生まれたものと、努力のたまものだろうけど、オーラがありますね。トリノオリンピックからもう10年もたったんだなあとしみじみ。荒川さんももう34才だけど、高級車が音もなくすーっと加速していくような滑りは、変わらないのでうれしいですね。お子さんが大きくなって演技がわかるまで続けたいそうです。昨年10月のカーニバルオンアイスで演じたのは「Footprints on the sand」海辺をイメージした衣装と演技でしたが、好きな曲(歌詞がいい)で肩の力を抜いて、気持ち良さそうに滑っていました。

羽生結弦「天と地のレクイエム」
 このプログラムは好きでもなかったのですが、全日本のEXと比べてみるとわかるけど、振付がブラッシュアップされ、がぜんと引き込まれる演技になりました。最初の出だしからつま先だちで歩き出して、オッと思いました。それから音ハメがバッチシで、それだけスケーティングが自由自在にコントロールできるようになったんだなと思います。彼自身が体験した震災の恐ろしさや、苦悩などが伝わってきました。
最後のシットスピンで足を前に出して高速で回るところは、別の惑星からやってきた宇宙人か、と思ってしまいました。
posted by ホープ at 01:05| Comment(0) | ice show | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

All that skate 2014

オープニング「The Frozen」


トゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」

もっとスゴイのを期待したけど、やっぱり音を取るのが上手いし、エレガントな演技ですね。最後のポーズ(背中)がヨナさんの、長年のレッスンで身についた美しさですね。

もっと見たい人はコチラ

衣装はオープニング(淡い水色)とエンディング(淡いピンク)が色白に似合ってかわいかった。
うるっときたのは、カーテンコールで「あげひばり」の音楽が流れる中、ディヴィッド・ウィルソンと手をつないでリンクを回るところです。
その後、一人でリンクに出てきて回る時は、かけあしであっさりした感じに見えた。
ヨナさんは照れくさいのかもしれない。スポーツ選手としてたぐいまれな運動神経に恵まれ、演技者としても抜群の音楽センスと豹変する演技力を持つのに、素顔に戻るとシャイになってしまうのかな、と私は見ています。
何年か前に韓国のアイスショーを見に行って素敵だったんですけど、やっぱりちょっと私は孤独感があったので、ヨナさんが日本のアイスショーに来てくれたらなと思います。
真央ちゃんがヨナちゃんの手をとって二人出てきてくれたら、感謝感激すると思う。
posted by ホープ at 16:27| Comment(2) | ice show | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

カーニバルオンアイス 2013

織田選手は、新聞で「ネーデルホルン杯 ケガをのりこえて涙のV」という記事を読んで、良かったねーと思いました。調子の良さを感じさせる演技「ラストサムライ」でした。
町田選手の「エデンの東」も良かったです。番組で映画「エデンの東」と紹介されてましたが、この曲は、ジェームス・ディーンの「エデンの東」じゃないですよね。TVドラマの音楽じゃないのかな。
高橋選手、小塚選手も、それぞれらしさが光るかっこいいプログラムでした。「ヴァイオリンのためのソナチネ」「Unsquare Dance」
佳菜子選手は、有香さんの振付の曲「King of Anything」「音に合わせるのがむずかしかった」らしいですが、ちゃんと合ってたと思う。十代の女の子らしいはつらつとした演技。
浅田選手の「ノクターン」は、シニア1年目のプログラムのリメイクですが、円熟味のある演技でした。
ちなみにヨナの「あげひばり」は、見たくない。16歳の華奢な少女のバレリーナ体型だから表現できた作品だったと思う。
荒川さん「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲。私の好きな曲で、もう女神のような演技ですね。
ワグナー選手「Sweet dreams」 セクシーでかっこいいナンバー。白人の選手はこういうの似合いますね。
フェルナンデス選手「エアロビッククラス」世界選手権のEXでも場内を沸かせていたが、おもしろいアイデアがいっぱい詰まった楽しいプログラムです。
posted by ホープ at 23:44| Comment(0) | ice show | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

プリンスアイスワールド

チベット高気圧と太平洋高気圧に覆われている中、ダウンジャケットをつめこんでアイスショーを見に行きました。
スケーターたちが目の前を滑走していくと暑さもふっとびます。
ただ滑っているだけだとスピードは皆、あると思うけど、要はむずかしいことをスピードを落とさずにやるってところが見どころなんじゃないかと思う。
プリンスアイスワールドってチーム演技が多いのですね。白とピンクのドレスでオープニング、アイスダンスや、タンゴ、フラメンコ、マイケル・ジャクソンの曲でちびっこスケーターとの共演、シチュエーションも酒場だったり、19世紀の新天地を求めて航海とか、フィナーレはなんと「レ・ミゼラブル」^^; ルック・ダウン〜オン・マイ・オウン(ミラーボールの光を浴びて八木沼さん演技)〜ワン・デイ・モア(手を広げて列を組んでシンクロナイズ風)衣装も全員が、毎回、変えていました。

佳菜子ちゃん、白い衣装で、洋楽のキュートな曲。(曲名がわからないのです)得意の3連続ジャンプ、決まってました。最後のおじぎが、片膝立てて、正統派だけど、どの方向へも勢い余ってた。
理紗ちゃん、赤い衣装で、洋楽のエレガントな曲。クラールコーチにジャンプを見てもらっているそうで、期待できるかな。
小塚くん、新SP。手拍子取りにくい感じの曲。すいすいアメンボみたいなスケーティング。
本田さん、太めの体型になっているのにジャンプを決めるところがすごい。
由希奈さん、良かったと思うけど、あれっあんまり印象に残ってない。
フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ 人間皿回しみたいなアクロバットな演技。女性の方、Tバックでお尻がまる見えでしたけど、いやらしくなく芸術的でした。
美姫ちゃん 子どもを産むって幸せなこと。安藤選手のジャンプは日本人女子で一番、質がいいものと期待しているのですが、今回は、サルコーの転倒がありました。TVで見るより、まじかで見た方が美人さんでした。
ジュベール けんけんステップ。髪を短くカットしてましたが、やっぱり男前だな。
静香さん 「タイタニック」やっぱり、曲の伸びがあるところでの、スパイラル、イーグル、イナバウアーが伸びやかで、ツボに効くのですね。ステキでした。

女子のスパイラルは、もう少し長く見ていたい。


posted by ホープ at 00:53| Comment(0) | ice show | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

All That Skate 2013



見に行きたかったけど、チケット取れませんでした。見に行った人、うらやましい。
今年の群舞のテーマは、ミュージカル「レ・ミゼラブル」です。
ウィルソンはコンセプトや調和っていうものを大事にしていると思う。
去年は、リンクをビーチに見立てて、サーフィンしたり泳いだりする演出がおもしろかった。
その前は、木星(ジュピター)の曲で、ヨナとパトリックのペア演技は、けっこう好きだった。
グループナンバーを見るのが好きです。カナダの大会のエキシビションなど見るとかっこいいと思います。「レミゼ」は群舞だけでなく、ソロ部分もつくって、いつかスケートミュージカルをもっと発展させてくれたらおもしろい。歌はフィギュアスケートファンは、スケーターしか見ないので、生歌じゃなくてもいいです。

ヨナの「レミゼ」は、最後のポーズ(右手を胸に、左手を頭上高く掲げる)は、2A2T2Loの後にも出てきます。そして最後のシットスピンも右手を胸の前にしてアップライトで、左手を高く上げます。
曲全体の調和がとれています。
"I dreamed a dream" 華原朋美が、薬物中毒から復帰して歌っていたのを見たが、ヨナにはやっぱり"On my own"の方が似合う。選手に合ったコンセプト(イメージ)が考えられている。
でもこの群舞で見る"I dreamed a dream"は、 すごくステキです。
リンクが海の中で、スケーターたちが魚みたいにも見えて、恋人たちの夏の恋を演じていて、最後には一人残った女(ヨナ)がスピンで終わる。

ATS の日本公演ってないかな。
それが無理でも、日本人スケーター(たとえば荒川さんor高橋選手or浅田選手)が韓国のアイスショーに出演したり、あるいは日本のアイスショーにヨナが出演することは、引退後には実現可能だと思います。
ラストシーズン、ヨナさんの試合を見に行きたいなあ。。。
タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 13:15| Comment(0) | ice show | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

stars on ice 2013

ジョニー・ウィアー「Swan lake」
男性が女性的な演技をするとデカダンスを感じるけど、この人にしかできない演技。なんともいえない妖気があってバレエ的で、腕の動かし方なども巧いじゃないですか。

ジョアニー・ロシェット「Is it a crime」
シャーデーの曲。カナダのアイスショーではリンクサイドにテーブルを出してお酒を楽しんだりするのを羽生くんの特集番組で見たけど、そういう雰囲気に合いそうなセクシーなプログラムですね。ブロンドのカーリーヘアをふり乱して魅力的に見えました。

村上佳菜子「Someone like you/Rolling in the deep」
途中で布きれをひきぬいてイメージチェンジする演出がイマイチかな。Someone like youは世界選手権でヨナとかぶるかもしれないし、Rolling in the deepは元気モリモリって感じだけだし。
来季は山田コーチからウィルソンに振付をお願いしてみたらどうだろう。

高橋大輔「ブエノスアイレスの春」
一番最初に見た時は、フリープログラムのねっとりとした哀感漂うムードの方が好きでしたが、このアップテンポしたエキシビションナンバーももちろんかっこいいです。
今季は振付師がSP阿部奈々美、FSシェイリーン・ボーン、ex宮本賢二です。

浅田真央「メリー・ポピンズ」
フリルの衣装とパラソルで聖子ちゃんを思い出したのですが、映画を見て、これはメリー・ポピンズの衣装と同じだとわかりました。ちなみにアイスダンス↓でも同じ衣装で演じられていました。
http://www.youtube.com/watch?v=0k-CJHDDjHs
フリップの飛ぶ前に足を左右に振る動作も、映画の中で銀行員のお父さんが部屋を出ていく時にあの動きをしていました。楽しい映画でした。おまじないの言葉は「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」

イリヤ・クーリックは年をとっても童顔で、ジャンプにがんばっています。番組欄に書かれていた「56歳の美魔女スケーター」って誰?と思いましたが、ドロシー・ハミル(76年インスブルックOP金メダリスト)さんでした。

グループ演技

録画で三位一体の技を見破る、じゃないけど一人ずつ見ていくと、違いがわかっておもしろい。パッと手を広げる時、首も使ってるかどうか、とかいろいろ。

【追記】
daisuke takahashi.gif


posted by ホープ at 15:44| Comment(0) | ice show | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

Carnival on Ice 2012

パトリック・チャン "Til Kingdom come"
普段着みたいなかっこうで出てきて、スケートがめちゃくちゃうまいなんてso cute!
私の偏見ですけど、パトリックにセクシーさや情熱的なイメージの曲や衣装は似合わないように思う。
これはウィルソンの振付、選曲ですよね?! 氷の上であんなに自由にいろいろな動きが淀みなくできるなんてほれぼれしてしまいます。

荒川静香 "A moment like this"
お美しい。スケーティングに気品があります。
ハッと人をひきつけるツボを心得てると思う。最後のスピンなんか特に。
この曲は誰の歌ですかね。
 ↓
Leona Lewis, そして振付はウィルソンだった。やっぱりね揺れるハート

浅田真央 "メリー・ポピンズ”
 コミカルな演技が個性的ですね。
そしていくつになってもかわいい。「白鳥の湖」もファンの人のあこがれを裏切らないプログラムだし、そういう意味で私はなんか松田聖子さんに似てるところがあるなと思ってしまいます。あまり話上手な方ではないけど(失礼)、多くの同性のファンに支持されているところとか。
ホントに楽しいプログラムで、「メリー・ポピンズ」の映画が見たくなりました。
真央ちゃんのピボットって、今季のフリーとEXに出てきましたが、「くるみ割り人形」以来?!

小塚崇彦 ”ギター・コンチェルト"
カートとジェフリーとの共演は、大空に舞う三羽ガラス、じゃないけど、すごく気持ちよさそうだった。
それから布袋さんの生演奏がいいですね。小塚選手のフリーの衣装は、こっちの衣装に変えるといいのにな。

プルシェンコ
 フリーの「序奏とロンド・カプリチオーソ」の最初の方で、さすがオーラがあるなと思って見ていたのですが、途中からサン・サーンスメドレーになってしまったのが残念。母国開催のオリンピックで、プルシェンコが出れば盛り上がるだろうし、がんばってほしいと思います。

フィリップ・キャンデロロ ”サタデーナイトフィーバー”
 往年のメダリストが集結。私はキャンデロロさんがなつかしかったです。
posted by ホープ at 00:49| Comment(0) | ice show | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

メダリストオンアイス2011

宇野昌磨
 フリーの情熱的なヴァイオリン曲でも、最後までスピードが落ちずに観客をぐいぐいとひきつける演技でしたね。まだ子どもが滑ってるみたいに見えるけど、将来、どんなスケーターになるのか、興味深いです。

宮原知子
 13歳。この選手もまだ子ども体型なのですが、本当に小さい妖精さんみたいでかわいい。

庄司理紗「塔の上のラプンツェル」
 lovely♪ ディズニープリンセスですね。

今井遥
 スピンの回転が速くなりました。日本のシズニーと言われるくらいまでになってほしいです。

町田樹
 曲はQueen"Don't stop me now" 緩急緩のある音楽で、フィギュアスケートで使われやすいです。
世界選手権に出たら10位以内に入れる選手じゃないだろうか。

荒川静香 "Smile" by グローバン
 大人になってもたまには、ロマンティックでガーリーな感じもいいですね。何かの物語を演じているのでしょうか。「心が痛んでも、打ち砕かれても、空に雲がたちこめる時も、ほほえみさえすれば乗りこえていける」という歌詞だとTVの解説で紹介されてました。被災者の励ましになるといいですね。日本語の歌詞だともっといいなと思ったり。
 この曲のみどころは、イナバウアーより、最後の長ーいイーグルです。

高橋&トラン組
 はじめ衣装を見て、ボクシングを題材にした曲を使うのかなと思った。

羽生結弦
 今までの日本人男子選手と違って背が高く足が長いので、見た目で得してますね。腰痛とかならないように気をつけてほしい。
アンコールのステップで意地でサルコー2回入れましたね。インタビューでも賢く答えていて、好感が持てます。

村上佳菜子
 最後の方でステップや3連続ジャンプも入ってますが、いつかスケーティングだけで魅せられるプログラムを演じた時が、美しい大人の女性になれる時かな。シェネ・ターンみたいな回転しながら移動していくところももう少し動きが大きい方がきれいに見えるかも。課題はある分、伸びしろはあると思うので、今後に期待しています。演技前や後に、笑いを誘うスケーターって、あんまりいない。楽しい子だなと思います。

小塚崇彦
 佐藤有香さんが言っていたスピリチュアルな音楽って、なんだろう。風が通り抜けていくような演技で見ていて気持ちがいい。それからイーグルのところは見せ場ですね。

パトリック・チャン
 肌シャツ。これは衣装で飾らなくてもスケーティングで見せつけてやるという自信の表れでしょうか。
それとも衣装をつくるお金がない?? ワイルドな感じの演技でした。

鈴木明子「バーレスク」
 この曲は、COIでロシェット選手も演じていましたね。「人に何を言われても自分の信じる道を行く」という主人公の強い意志が感じられて、この曲をやってみたいと思ったそうです。私もこの映画、見たくなりました。ダンサナブルなナンバーは鈴木選手の真骨頂ですね。あの膝を氷につけてグルグルと回っていくところってすごいなって思う。
 
高橋大輔
 ダンスナンバーからバラードまで、何を演じてもかっこいい大ちゃん。男前だしね。^^

浅田真央
 以前の「バラード」や「仮面舞踏会」は、くるっと回っては蹴って進む独特のスケーティングだったけど、この曲では、歩数を少なくして荒川さんみたいなスケーティングをめざしてるんだなと思いました。
本当に佐藤コーチに習って良かったですね。それと真央ちゃん自身の地道な努力と「さらなる高みをめざして」の向上心の賜物ですね。崇高な感じの曲で、美しく滑っていたと思います。
最後のポーズでしばらく天を見上げて、「お母さん、真央はやれたよ」(朝日新聞の1面の見出し)と言ってるみたいでした。
髪型もオールバックから、ちょっと横分けにしたのがいいですね。
posted by ホープ at 16:46| Comment(2) | ice show | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

2011カーニバルオンアイス

♪羽生結弦「ロミオとジュリエット」 グレイグアームストロング
 「ジャンプも大きく飛んでスケーティングに伸びもあって、あとはスピードの調節ができること」みたいなことを佐藤有香さんに言われてた。そうですね。衣装も良かった。

♪庄司理沙「ザハチャチャチャ」
 ジャズナンバーってフィギュアスケートの演技に合うんですね。今年一年は、まだジュニアで修業。ジュニアワールドで優勝できるでしょうか。

♪エリザベータ・トクタミショワ「タンゴ」
 片手を上げて2Aを跳ぶというこじゃれたことをします。手の使い方も上手で魅力的です。今年からシニアデビューで、活躍が楽しみです。

♪鈴木明子「ハンガリー狂詩曲」リスト
 あっこちゃんらしいステップが見られました。

♪小塚崇彦「チェロソング」
 衣装がちょっとおしゃれになった。佐藤有香さんの振付。

♪パトリック・チャン「moondance」
 このEXはステキです。こういう都会的な曲だと、チャン選手の演技が映えると思います。茶目っけのあるキャラ、アクションになじむ。「アランフェス」はもう少し情熱的な哀愁があるといいな。あと振付のせいかもしれないけど、特徴的な音を拾ってほしい。でもこれからもっとよくなってきますよね、楽しみ。

♪荒川静香「Nella Fantasia」ケルティック・ウーマン
 綺麗、優雅。衣装がローマ帝国に出てくる女性のよう? 終わりのポーズは、ギリシャ彫刻みたい。日本人離れしてますね。本当にうっとり。

♪高橋大輔「The Crisis」
 身体がどちらかというと固いと言われてるけど、どうしてあんなに動きが柔らかく見えるのでしょうか。
そして私はヨナの演技をよく見ているからか、なぜかこの曲と「タイスの瞑想曲」のヨナさんの動きが似てるようにも思えたのでした。ジャンプやスピンの後に、両腕を広げて柔らかくしなるところとか、次の動きに移る時の重心の移動かな。

♪安藤美姫「ブラックスワン」
 この映画はまだ見てないですが、精神的に追いつめられていく話とか。衣装やメイク(つけまつげ?)、心理面など、雰囲気が出ていて良かったのではないかと思います。最後の終わり方、倒れるところ、ヨナのジゼルで最後やってほしかったのは、こういう感じです^^

昨日の特番でアイスダンスのリード姉弟と、ペアの高橋・トラン組が紹介されてました。
ペアの二人にパートナー愛を感じた。アイスダンスの二人も、たどたどしい日本語を喋ってました。練習は一日8時間もやっているそうです。
posted by ホープ at 00:24| ice show | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

ヨナバナー

会場近くに、ファンの方が用意したんでしょうか、よく試合会場で見られるキム・ヨナのバナーが、勢ぞろいして掲げられていました。アートですね。

SSCN0212.JPG

SSCN0213.JPG

SSCN0214.JPG

SSCN0215.JPG

SSCN0211.JPG

SSCN0210.JPG

SSCN0209.JPG

SSCN0208.JPG

SSCN0202.JPG

ヨナちゃんのCMのコーナー
SSCN0207.JPG





posted by ホープ at 17:34| ice show | 更新情報をチェックする