2016年03月19日

記事の感想

20160222 朝日新聞
「チャン覚醒 逆転V」フィギュア四大陸選手権男子フリー
”1年間の休養明けだった今季。調子に乗り切れなかった元世界王者が、ついに目覚めた。"

えっ? GPシリーズ初戦カナダ大会フリーでもノーミスで、今季、羽生に勝っていますけど。
GPFでもフリーは良かった。今季、ショートがずっと悪いのです。大新聞さん、頼みますよ。
「チャン見せた、神髄の滑り」という見出しはどうでしょう。

201601 Number no. 892
「スポーツを数字で読む 羽生の演技構成点」文・小川勝

羽生結弦322.40が素晴らしく誇らしいのは、わかるけど、数字で読むなら、どうして比較に出てくるのが、女子のバンクーバー五輪キム・ヨナとソチ五輪ソトニコワなんだよ。バンクーバー五輪の頃は、さほどつなぎをいっぱい入れるとか言われてなかったし、むしろジャンプに向かうスピードが評価されていたと思う。
コラムの最後は、”東洋の文化をテーマにしたフリーで記録したこと。フィギュアスケートの歴史上、東洋の選手として意味のあることだった。”と結んでいる。
五輪シーズンでは荒川さんも高橋くんも西洋の音楽を使っただろう。羽生くんも平昌では、日本を強調した音楽を使わないだろう。が、世界選手権では、キム・ヨナの「オマージュ・トウ・コリア」や、無良くんの「Shogun」があるのに。。



posted by ホープ at 16:08| Comment(0) | BOOK | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。