2014年12月30日

全日本2014 女子

宮原選手が全日本初優勝!おめでとう。
丁寧にきれいに滑っているし、もう少し背があればと思ってしまうけど、ジャンプはジュニア時代は軽々跳んでいても、身体が大きくなると飛べなくなるという人が多いので、このまま小柄だとジャンプを跳ぶのには有利なのかもしれません。

本郷選手 「カルメン」はケイトリン・オズモンドのパワフルな演技が印象に残ってましたが、本郷さんも妖艶な表情が出てきて(美人さんなので得)、強い音のところで腕の振り上げも力が伝わってきて(この辺は、鈴木明子さんの指導によるものかも)、良かったです。EXの「スリラー」も面白かったです。

佳菜子選手 今まで先輩スケーターの下にいて、今年は、全日本女王になれるかなと喜びたかったのですが、後輩に負けてしまって辛いね。見た目ちゃんと跳べているのに回転不足か。努力もいっぱいやってきてるだろうしね。表現面では、一番体を大きく使っていて、複雑な振付をこなしながら演技していたと思う。

今井選手 「ジゼル」の前半はかわいい村娘、最後のステップシークエンスで絶望したジゼルを演じ分けていました。過去の日本選手が演じた「ジゼル」より、ストーリーの順番が合っていて良かった。

樋口新葉選手 スタイルが伊藤みどりさんみたいな、太ももが立派でパワフルさを感じる。将来有望ですね。坂本花織さんもジャンプの質が良さそうです。

フジTVでは、鈴木さんの解説がイイ位置に入ったのでは。男子では、技術的なことは本田さんにまかせて、表現面でのフォローをする。女子は、やや冷たい、きつい感じのする荒川さんと、ほんわか暖かい感じの鈴木さんとのコンビネーションが良かった。今季からは回転不足もしっかり指摘するようになったなあ。
昨季までは、コケなければいい、みたいな論調だったと思う。
塩原アナは、真央ちゃんファンには不評だったのかもしれないけど、私はちょっと淋しいな。


タグ:Competition
posted by ホープ at 00:01| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。