2014年12月29日

全日本2014 男子

Judges Score

羽生選手
 2位に30点差をつけて優勝。一人だけ別次元。
どのジャンプもフォームがキレイなのです。だから着氷も流れる。
「バラード」フライングキャメルスピンのあと、激情的な旋律から、静寂になるところがありますが、スケーティングの伸びと同調していて繊細でした。
「オペラ座」最後のルッツも決めて「やったー」と思い、演技後もスタオベだけど、去年までの人気選手(高橋や浅田)ほどの熱狂はなかったような。。

町田選手
 突然の引退発表でびっくりした。町田選手は、話力があるので自己PRが上手い。「オーディエンスの皆様に、全身全霊を込めてお届けします」とか、いっぱいあるけれど、高橋や羽生のことを褒めたり「ぼくよりスピンやジャンプの上手い選手はいっぱいいる」と謙虚なところも合わせもっているので、町田語録は好感が持てます。これからは研究の道に進むとのこと、がんばって下さい。

小塚選手
 シーズン序盤は不調だったけど、全日本で決められるのは、やはりスケーティングの底力があるからですね。小塚の演技を見たい人は多いだろうし、佐藤コーチも「ガッツポーズ出たよ」

無良選手
 町田の辞退で世界選手権に出場できるようになった。「闘牛士の歌」など、もう少しメリハリをつけて表現したらどうだろう。

ジュニアの宇野選手が4Tと3Aを決めて大躍進の2位。
山本草太選手、長久保コーチから「イメージが羽生と重なる」と言われる。ひょろ長い体型で、顔もあっさり和風。何よりスケーティングが、力を使わずに伸びやかで、見ていて爽快感があった。ルッツやフリップもあっという間に力まずに跳んでいた。
服部瑛貴選手 イナバウアーからの2Aを跳んでいた。
 
タグ:Competition
posted by ホープ at 13:04| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。