2014年11月29日

NHK杯 SP 2014

results

Ladies
*村上佳菜子
今シーズンのルール改正の目玉、「ボーカル曲解禁」ですが、はじめは私もボーカル要らない、スケーティングで歌わせる方がいい、エキシビションと区別できる方がいい、と思っていましたが、だんだん慣れてきたのと、佳菜子ちゃんの「Think of me」は、いいなあと思います。
ミュージカルを見ているみたいで、見た目ノーミス演技には「ブラボー」でした。最初の表情は初々しく、"said good bye〜”のところでスケーティングが伸びるところ、"remember me"のリズムに合わせて足を小刻みに動かすところがイイです。と、感想を書くのに、歌詞で表せるようになったので便利。
そして歌があれば、間奏があるので、空気感を変えたり、引き込むことができます。中国杯では、間奏の部分がステップシークエンスでしたが、今回は構成を変えてきました。エレメンツの構成をいじると、音楽に合っていた振付なんかも変わって前の方が良かったと思うこともあるけど、振付の先生も付いているみたいです。
最後のコロラトゥーラのところも動きと表情が、クリスティーヌが歌っているみたいで感動を盛り上げます。
ステップもレベル2から4にアップしてきました。

*アリョーナ・レオノワ
レオノワ選手の3T3Tは、2012年ワールド銀メダルを取った時もそうですが、ダイナミックです。
ユーモラスな表現が至るところにあって楽しい雰囲気のプログラムです。

*グレイシー・ゴールド
グリーグのピアノ協奏曲が2年目なので、余裕が見られ、しなやかな印象がありました。
やっぱり男子でもそうですが、北米の選手の方が、ロシアの若手より、滑りが伸びていいです。衣装もインクブルーのベルベットでブロンドにお似合いです。

*ポリーナ・エドムンズ
衣装がステキ。先シーズンは編み込みの髪型に、一つ一つクリスタルを埋め込んでいて、オシャレさんです。
背がまた高くなったので、ジャンプの調整に苦しんでいるのでしょうか。

Mens
*羽生結弦
やはりケガの影響、練習不足で、ジャンプの失敗はありましたが、キレイな演技でした。3Aのあとにイーグル、着氷の流れがないと出来ない。両手を頭の上に組むところがステキ。そしてステップも前の大会よりも、最後のキャメルスピンに入るまで、勢いと流れがあったように思います。

*Elladj BALDE (カナダ)
上位にくることはないですが、表現面で印象に残る選手です。ジェームズ・ブラウンの曲を熱唱みたいな振付も、ボーカル入りならでは、ですね。

14-15シーズンのルール改正について、野口美恵さんが解説している記事をリンクしておきます。

タグ:Competition
posted by ホープ at 00:34| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。