2014年10月28日

スケートアメリカ 女子

スケアメに「死の舞踏」や「007」を引っさげて登場したヨナのことを思い出す。
十代後半のエネルギーがみなぎっていた。スリリングな演技は、他の女子が真似できないようなドカーンとしたジャンプとシャープなエッジワークがあってこそだった。
あらためて書くのも変だけど、私は生粋の日本人です。ヨナファン=在日と決めつけるのは、在日の人に失礼なんじゃないかな。

エレーナ・ラジオノワ
もう少し滑りが伸びたらいいのに、と思うけど、キム・ヨナのスケーティングが美しい(wiki)とわかっている選手です。ソトニコワやトゥクタミシェワも成長期を乗りこえてジャンプが安定してきたようだし、ロシアの選手は表現力も工夫していると思う。

グレイシー・ゴールド
「オペラ座の怪人」のクリスティーヌは、去年の鈴木明子さんの演技が記憶に新しい。最初はオルゴールを開けるところから始まります。蝶が舞うような柔らかなステップシークエンス、曲調が変わったところで怯えたような表情。上手いなあと感嘆しました。
ゴールド選手は、ジャンプもスピンもスケーティングもキレイ。加えて美貌の持ち主。新しい時代の女王になる資質が十分あると思います。なのに表現面は、さばさばした感じになってしまう。まだ初戦だし、これからですね。


今井遥「ジゼル」
日本女子は実績のあるベテラン3選手が引退・休養したので淋しいけど、また新しい世界選手権の代表は誰に決まるんだろうという楽しみはある。遥ちゃんは今季が正念場ですね。
以前、腕の動きがひらひらした感じに見えたのですが、澤田亜紀さんの記事では褒められていた。(澤田さんは濱田コーチと確執があって他のところに移ったとネットに書かれていた)

「キム・ヨナ」「ジゼル」or「バレエ」で画像検索すると、やたら線を引いたり変な注釈つけたりするのが出てくる。。
素人目にもヨナの腕や上半身の動きは美しいと思うけど、バレエやダンスをしっかりやっている人がヨナのことを褒めている文章を複数見かけた。ご迷惑がかかっってはいけないから、引用は消しておきます。

sendinclown.gif
両腕をただ前に出すだけじゃなく、しなりを入れるところがステキ。



posted by ホープ at 00:16| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。