2014年05月05日

All that skate 2014

オープニング「The Frozen」


トゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」

もっとスゴイのを期待したけど、やっぱり音を取るのが上手いし、エレガントな演技ですね。最後のポーズ(背中)がヨナさんの、長年のレッスンで身についた美しさですね。

もっと見たい人はコチラ

衣装はオープニング(淡い水色)とエンディング(淡いピンク)が色白に似合ってかわいかった。
うるっときたのは、カーテンコールで「あげひばり」の音楽が流れる中、ディヴィッド・ウィルソンと手をつないでリンクを回るところです。
その後、一人でリンクに出てきて回る時は、かけあしであっさりした感じに見えた。
ヨナさんは照れくさいのかもしれない。スポーツ選手としてたぐいまれな運動神経に恵まれ、演技者としても抜群の音楽センスと豹変する演技力を持つのに、素顔に戻るとシャイになってしまうのかな、と私は見ています。
何年か前に韓国のアイスショーを見に行って素敵だったんですけど、やっぱりちょっと私は孤独感があったので、ヨナさんが日本のアイスショーに来てくれたらなと思います。
真央ちゃんがヨナちゃんの手をとって二人出てきてくれたら、感謝感激すると思う。
posted by ホープ at 16:27| Comment(2) | ice show | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 興味深い記事、ありがとうございます。ヨナさんのトゥーランドット、すごく好きです。最初から最後まで音楽を表現していますし、ジャンプやスピンのタイミングもすばらしいです。特に後半の振り付けやキレのあるスケーティングの高揚感が素晴らしいです。ウィルソンは天才だと思います。ヨナさんは体の見せ方が本当に美しくてゴージャスだと思います。
 あまりインタビューを読んでいないのでわからないのですが、このプログラムは荒川静香さんへのリスペクトが感じられると思います。でも、ヨナさんらしい、流れと雄大さのあるプログラムになったと思います。生で見てみたいです・・・
 
Posted by コブ at 2014年05月11日 04:35
コブさん、コメントありがとうございます。ヨナがほめられるとうれしいです。
おっしゃるとおり、ヨナは音楽を表現することが長けていて、そのことについてまた記事を書いてみたいと思ってます。
ヨナ研究は終わらないです^^;
Posted by Apfel at 2014年05月11日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。