2014年04月24日

雑誌

「Number」
この雑誌は、昔はスポーツ全般を扱って、ボクシングや競馬などのスポーツも特集されていたのですが、何年か前からは、野球とサッカーだけが月替わりの特集になって、そこへフィギュアスケートも大きな大会のある時だけ割り込めるようになってきました。出版社が文藝春秋ですから、専門的なデータや知識に基づいて分析するというより、情緒的な文章で読ませるというのが特徴です。
佐野稔「勝ったのはソトニコワの方が難しいことをやっていたから」(849号)
ジャンプだけの基礎点でいえば、キム・ヨナとの差はわずか1.44。レイバックスピンの差は0.3
基礎点だけで比較したりするのはおかしい。ステップやスピンは予定していたレベルが下げられると基礎点も下がるが、ジャンプは減点されるアンダーローテやエッジエラーは基礎点に反映されない。ちなみにバンクーバー五輪の時はヨナがスコア上、基礎点1位でした。
ヨナはループを入れなかったので、3回転ジャンプを一つ損していた。同じ種類の3回転は2つまでというルールがあるので。そのかわりに減点なしの3ルッツ(3Aに次ぐ高い点)をショート、フリーで計3本入れられるのがヨナの強みです。

「ワールドフィギュアスケート」ソチ五輪特集号
岡部由紀子「(キム・ヨナの)つなぎの点が7.75〜9.25で割れたのは、クロスを多く挟んで加速する部分などを、ジャッジによってどう評価したか、と考えられます」
だったら、浅田選手も7.5〜9.25、コストナー選手も7.75〜9.0まで割れているのは、どういう評価ですか?
クロスにこじつけるところが、日本全体の負け惜しみか。
岡部さんの解説↓ あまりイイ印象ではなかった、最近はどうなんでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=JmlfUEuJV64
http://www.youtube.com/watch?v=uUy6MZEMLmA
SS(スケーティングスキル)の項目ではヨナが1番が高くて、音楽解釈ではコストナーが1番高い点だった。
ボレロの妙味はバレエのものだと比べなければ、ステップのところが高まる音楽とコストナー選手ならではの雄大なスケーティングとマッチしてかっこよかったです。ところどころ笑顔のボレロでした。
ソチの結果(順位)にこだわらず、表彰台に上がった3人は、ほぼノーミスで、ジャンプは勢いよく大きく飛んでいたし、表現もそれぞれ良かったのでメダリストにふさわしい演技だったと思う。

「International Figure Skating」April 2014
表紙は金メダリストの羽生選手です。
巻頭ページは”Farewell to a Great Champion"
yunaarticle.JPG
"キムのフィギュアスケートへの貢献は控えめにいうことができない。彼女の勝利を別にしても、リンクの内外で彼女のエレガンスとグレースは、世界中の無数のファンにこのスポーツを夢中になるように、数えきれない少女たちにオリンピックチャンピオンになるのを夢見るように鼓舞させた。キムの存在は惜しまれるだろう。”

どこの国でも自国の選手をほめるのは当然だろうし、外国の選手やコーチが、インタビューを受ける国のメディアに多少リップサービスも入っているのかなと思われる場合もあるけれど、これはアメリカの雑誌でヨナファンにとってうれしいほめことばですね。
女子の3-3について
バンクーバーで成功させた選手 6人(SP) 6人(FS)
ソチで成功させた選手 9人(SP) 7人(FS)
3Aは女子に難しいジャンプなので、世界選手権のショートとフリーは同じような、つの字を氷上で描くような着氷だったが、ショートではOK,フリーではアンダーローテ。
次の五輪に向けて、3Aを跳ぶ選手が増えてくるだろうか。伊藤みどりさんの3A(助走スピードが速くて、後ろ向きにサーッと流れるような着氷)、足首が柔らかい浅田選手ならではの3A 、どういうタイプが出現するか注目していきたい。
タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 18:39| Comment(0) | BOOK | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。