2014年03月23日

ヨナの記録

【挑戦】
難しいジャンプを跳ぶことばかりが挑戦ではないと思う。
怖がらずにスピードを出して流れるような着氷のジャンプを跳ぶことも挑戦の一つだ。見た目もキレイだし、加点を得ることもこの競技の戦い方の大きなポイントだ。
ノーミスの演技がどれほど人を感動させるか。傷一つないパーフェクトな演技をめざすことも挑戦だ。
そしてそれらをクリーンに実行できた人を賞賛したい。

【3Lz3T】
日本では女子のトリプルアクセル(8.5)だけが、高難度の技と宣伝されてきたけど、実は3ルッツ3トゥループ(10.10)も難しい技で点数も高いのだ。セカンドのループはほぼ回転不足を取られるので現実味がない。助走なしにセカンドの3回転ジャンプを跳ぶことは難しいのです。
バンクーバーで3Lz3Tを成功させた女子...キム・ヨナ
ソチで3Lz3Tを成功させた女子...キム・ヨナ、ソトニコワ、グレイシー・ゴールド、リプニツカヤ、ポリーナ・エドムンズ

【3-3】
キム・ヨナがシニアに上がって16才から23才までの間に公式戦(GPシリーズ、4大陸、世界選手権、五輪)での3-3の成功は、42試合中、なんと37回。88%の成功率で、これはイチローの打率みたいに、何かで表彰されてもいいくらいのスゴイことではないか。
ちなみにシニア2年目のソトニコワ選手を調べてみると、22試合中、11回成功(50%)今後の活躍を期待してます。

【台落ちなし】
ノービスの時代から出場したすべての試合で台落ちなし。一年の一番大きな大会で、8年間(7回)表彰台に上がり続けた。戦後の女子ではミシェル・クワン(9回)に次ぐ回数です。一度のホームアドバンテージもなく、です。バンクーバーで金メダルを取った後は、モチベーションが下がったり、体の痛いところもあったのに、底力を見せた。
※バンクーバーの時にホームアドバンテージがあったという人もいたけど、カナダでオーサーコーチの教え子だったから人気もあったけれど、地元のロシェットやオズモンドへの声援には負ける。浅田選手も、ずっとタラソワさんの振付で、五輪の時はロシア人のコーチについてもらっていたけど、ソチで何か有利なことがありましたか。ロシアっ子ほど回転不足判定や、PCSも甘くなかったと思う。

【ノーミス】
バンクーバー、ソチ、二つの五輪で、ショート、フリーともにパーフェクト演技をやってのけた。
ジャッジの誰一人もマイナスをつけることがなかった。こんな選手、他にいるだろうか。

【不世出】
ヨナの言葉
「バンクーバー金メダリスト、ソチ銀メダリストより、“私”という選手がいたと記憶されたい」(中央日報2014.2.22)
ええ、もちろん。記録もスゴイけど、私はヨナの表現する世界に夢中になりました。
同じプログラムを2年続けてやることがなかった。毎年、違うイメージの作品の世界観を作り上げ、洗練されたものだった。
スケーティング、ジャンプ、表現力がすばらしい。スピンだってキレイ。
ルックスがいい。頭が良くて性格もいい。こんなに揃っている選手はもう出てこない。
タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 14:50| Comment(6) | essay | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。[挑戦]について、涙が出ます。全くそのとおりだと私も思います。そして、3Lz−3T。今の女子シングルの流れを作ったのはヨナだったなという思いです。先日、フィギュアが好きという人と話をしたのですが、やはり日本人に取っては3Aが一番だとの思いが強いんだなぁと複雑な思いをしたので、勝手に救って頂いた気がしています。私もヨナの作り出す世界が大好きです。人のために何か出来る人。多くの愛を注がれた証拠でしょうね。本当ににこれだけ全ての物を持ち合わせた選手は今後出てこないでしょうねぇ。突然のお目汚し失礼いたしました。
Posted by ポメ at 2014年03月23日 22:55
ポメさん、コメントありがとう。
2A3Tもバンクーバーの時は、ヨナとナガスさんだけだったのが、ソチでは11人くらい入れてました。
ヨナを目標に女子のレベルも上がってきたと感じますね。
Posted by Apfel at 2014年03月24日 00:53
こんにちは。今まで楽しみに読んできました。

「あげひばり」でまるで雲雀の化身のような少女に出会って以来、ずっとヨナを見てきました。

>ノーミスの演技がどれほど人を感動させるか。傷一つないパーフェクトな演技をめざすことも挑戦

おっしゃるとおりです。ノーミスの価値については語られなさすぎる、と思ってきました。
13年の世選ヨナの『レ・ミゼラブル』の観客の熱狂は、すばらしいプログラムが今ノーミスで終わるのだという期待がどんどん膨らんでいくさまを見せてくれました。それが期待通りだった喜び。

>同じプログラムを2年続けてやることがなかった。毎年、違うイメージの作品の世界観を作り上げ、洗練されたものだった。

これまたまったく同感です。
そして最後に4年前のオリンピックとも、1年前の世界選手権ともまったく違うプログラムを(負傷があったにもかかわらず)演じきった。

衣装もすばらしかった。   
ついでに、私はヨナの横顔が大好きです。真横ではなく、やや斜め後ろから見た横顔。
特に少女時代の横顔はまるでお地蔵さんでした。(たとえがいまいち?)

ほんとに不世出の選手でした。





Posted by テヒ at 2014年03月24日 13:28
テヒさん、コメントありがとう。
私は今まで暇があったものですから、いろいろ調べたり、ヨナちゃんのことを中心に書いてきたのですが、少しずつ皆さんからコメントを頂けるようになってうれしいです。
Posted by Apfel at 2014年03月25日 00:40
はじめまして。

日本ではなぜか、技術か表現力かと、二項対立的に語られがちですけれど、キム・ヨナ選手はまさに、「技術に裏打ちされてこその表現力」を体現してくれた選手だと思います。

また、メダリストになる前から、積極的に慈善活動を行うなど、有名人のあるべき姿を提示してくれました。欧米各国では、キム・ヨナこそ「真の女王」「永遠の勝者」という声が広がりつつありますが、単に競技面だけでなく、そうした態度も含めての尊敬を得ている選手です(そういう面も日本ではあまり報道されてないんですよね)。

Posted by kai at 2014年03月25日 22:25
kaiさん、海外の評価など教えて下さってありがとうございます。
ヨナの寄付活動は、2007年1月若いスケーターのための奨学金が最初でしたっけ。韓国の有名人は寄付することが多いのでしょうか。
まぎれもなくすばらしい選手なのに、これだけ日本でアンチにネガキャンされた選手も、もう出てこないと思います。悪意に切り取った画像とか動画を作られたりするのはキムヨナだけ。真央ちゃんファンの多くは善良な人なんですけど、一部の人が悪質だといわれるのです。
Posted by Apfel at 2014年03月27日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。