2014年01月07日

Adios Nonino



大衆的で感動する音楽で盛り上がるのは、レミゼでやったし、最後にこのプログラムに出会えて良かったなと思います。
タンゴってどんなものかなと、you tubeや、前に録画していた番組「ワンダー×ワンダー」で見たけど、高速ステップだけじゃなく、スローなものもあるし、フレーズの終わりで足を伸ばしたりするのが特徴かな。もっとよく知りたいですが。
ヨナのプログラムも、ところどころタンゴ的な振付もあるし、そこはかとなくタンゴの色香が感じられませんか。今回は音楽の盛り上がりに欠けるところはあるのだけど、逆にヨナさんの動きそのものが美しいのでしみじみと見ていたいと思わせるのです。
顔がタンゴ向き。黒髪を七三分けにして、アイラインで目力、赤い口紅。妖艶な表情。
いっそこんな感じ(資生堂の新年広告)にやってみるか^^; 衣装も!
コレオグラフィックシークエンスで、スパイラルをフェンスの方まで長くやってみたらどうか^^;
最後にやはり足のケガが心配。無理せず、それでも彼女はベストを尽くすと思います。
タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 02:05| Comment(0) | movie | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。