2014年01月06日

Send in the clowns

韓国選手権を見た感想です。
send crown.jpg

ヨナちゃんの柔らかい美しさを堪能できるプログラム。
日本のメディアは「妖艶」とかアンチは「どや顔」とかいうレッテルを貼りたがるけど、ヨナの基本形はこちらにあるのです。
ビールマンスピンは、腰痛持ちのため入れなくなった。それでも柔らかく見えるのは、
@エッジ操作が優れているので、ジャンプやスピン、ステップに無駄な力を使わずに入る。
A深いエッジに乗っている時の上半身のバランスが良い。
B一けりが伸びるので、上半身の動きが余裕をもってつけられる。
C広い空間で、スピードのある中、腕の見せ方が上手い。
D腕の弾力性。「あげひばり」の頃にバレエの特訓をしたのかもしれない。ジュニアの最後の年より、腕に筋肉がついている。股関節が硬くても、腕の柔軟性は別である。高橋選手や鈴木選手もこのタイプだと思われる。

この曲は、サラ・ヴォーンやバーブラ・ストライサンドなどの大物女性歌手が歌っています。
ヨナの演技も円熟味が感じられます。


ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 01:23| Comment(0) | movie | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。