2013年12月28日

テレビ観戦

全日本のオープニング映像の切り絵と色をつけるところがキレイだった。
GPF(テレ朝)は、○○選手の昨日の演技、前大会の演技、去年の演技、今日の演技とふり返りが多いので、その分、アイスダンスやペアの選手も3位くらいまで放映してほしかった。
エキシビションも地上波の放送では、GPFは、10組。世界選手権は13組の選手が登場。
今回、フジは町田選手のEXを機材トラブルで放送できない失敗をやらかしてしまうが。
ポエムもキレイなものもある。
「夜明けをつげるあげひばり」
「火の鳥が目を覚ます ファンファーレとともに」
「クリスティーヌ。。万感思いをこめてふり返りました」
気取って言うのがおかしいもの
「ダブルアクセル トリプルトゥ。。」
「ファントム オブ ジ オペラ」(英語を使いたがる)
「コンビネーション!!」(2013worldのオズモンド選手フリーの時が一番弾んでいたかも)
意味がわからないもの
「カナダの雪景色の中 結晶(決勝)をつかみとってみろ」
 ↑佳菜子の世界選手権「ピアソラメドレー」のスパイラルが終わったあたり。しかし音楽に乗って何か盛り上げようと、応援しようという気持ちからかもしれない。ご当地ものを入れるのが特徴。
最終グループの6分間練習は、試合を見に行っても一番気分が高揚する時だが、TVで見ていても選手紹介が盛り上がるので楽しみです。
テレ朝のアナウンサーも悪くないけど、リプニツカヤの「シンドラーのリスト」で5連続ジャンプの最後で「あと1ぽーん」と叫んだのは興ざめした。
テレ朝で良かったのは、プログラムの紹介で映画の映像をちょこっと見せてくれたところだ。
ラベル:essay index
posted by ホープ at 02:18| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。