2013年11月24日

Rostelecom Cup

results
【男子】
町田樹
 本人が「ロシアはバレエや新体操など身体表現の文化が発達し、観客も目が肥えていると思う。自分の滑りをどう評価してもらえるか楽しみ」(朝日新聞11月22日)と言っていたとおり、優雅な身のこなしは感じられます。もう少しさりげなくてもいいかな^^;

マキシム・コフトゥン
 ロシアの新星。プレイボーイの貴公子って感じの男前。
衣装もチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番に合う上品なものですが、振付はイマイチかな。
フリーはミスが多かったのに、技術点4位、PCS2位。

コンスタンティン・メンショフ
 30歳。「身体表現の文化」が感じられます。音楽もおもしろいし、もう一度見たいと思わせるものがあります。
[I love it. 音楽Rene Aubry. 片足のエッジに乗って音にハマった時の多彩なポーズにセンスを感じます。渋いサックスのうねるような音。ラストまで一気呵成に魅了されます。PCSがコフトゥンより低いの?]

【女子】
村上佳菜子
 フリー良かったよ〜(涙)
佳菜ちゃんの3T3Tは、スピード出して飛ぶので決まったらキレイ。その分、タイミング合わせるのがむずかしいと思うのでショートのように失敗してしまうこともある。
ショートの曲は「スゥイングメドレー」でシニア1年目の「ジャンピン・ジャック」にも似てますが、元気よくスピード感のある音楽。もう少し爆発感が出せればいい。フリーは一転してしっとりとした音楽「愛のイエントル」振付師のカメレンゴ氏は、最初「キャッツ」を薦めたそうです。「愛のイエントル」は、ストーリーや音楽にあった特徴的な振付というのは難しくて、エレメンツやスケーティングの質を高めて見せるというプログラムだと思います。
それをジュニアの頃に見せたキムヨナは天才少女だったというのは別にして、佳菜ちゃんもジャパンオープンの時より、振付もブラッシュアップしたし、成長が見られました。明るい元気なキャラの人が意外と繊細な面をもっているように、このプログラムは佳菜ちゃんに似合ってると思います。
一見ノーミスの演技なのに、点数が低い。技術点1位、PCSが5位 ちっ(怒った顔)

今井遥
 長久保コーチにジャンプを教わって、佐藤有香コーチのところでスケーティングやスピンを身につけて、一つ一つのエレメンツの質はいいと思うのよね。スピードもあるし。ただ表現面で落ち着かないような印象があって、もう少し音楽をよく聴いてって言ってあげたいです。試合だと上がっちゃうのかな。

宮原知子
 大人っぽいプログラムより、小さい身体を逆に生かして、今の年齢でしかできない、妖精さんみたいなかわいいプログラムをやった方が受けたかも。

カロリーナ・コストナー
 SP「ユーモレスク」何故ちょうちょが衣装についているんだろうとか、最後は手を振ってるのかとか、解釈を知りたくなりました。
FS「シェヘラザード」衣装は宝石がいっぱいついて素敵です。
コストナー選手は、前にEXで「カルメン」を見たときも思ったけど、色気は出せない方だと思う。
優雅できれいなんだけど、アジアの選手やロシアっ子みたいな柔らかさはないかな。
1回目の3Sって減点はされてたけど回転不足ではないの?

ユリア・リプニツカヤ
 「シンドラーのリスト」カナダ大会の後、繰り返して何回か見ました。耳をふさいで「やめて」というような振付とか、「ノー」と拒否するような振付。あの映画でゲットー襲撃のシーンは、長くて「もうやめて」と心の中で叫んでいました。フィギュアスケートの演技で、悲しみや苦しみが心に迫ってくるプログラムを私ははじめて見たような気がします。(あっヨナの「ジゼル」もそうだけど、あちらは恋愛の痛手で、こちらは戦争、人種差別による迫害によるものです)
今大会では調子が悪かったけれど、いいのです。オリンピックでノーミスの演技が見たいです。
技術点4位、PCS2位。コフトゥンとともに露骨な地元上げだな。

長洲未来
 「007メドレー」は、途中から「ジェームズ・ボンドのテーマ」「ゴールドフィンガー」(最初だけ)、「007は二度死ぬ」「死ぬのは奴らだ」など(自分のわかるものだけ)
ジャンプ、スピンなど質がいいと思います。

[追記]
村上 中国杯 TES 51.59 PCS 57.03
                 ↓ down      
   ロシア TES 58.26 PCS 54.96

リプニツカヤ カナダ TES 70.46 PCS 60.88
↓ up
       ロシア TES 55.92 PCS 63.64
PCSってジャンプの成否によって、本人比で上がったり下がったりするんじゃなかった?!
これではがんばった選手が報われない。ロシアはいやな国かもしれないが、大会ごとにジャッジが変わるからこういうことも起こるのかもしれない。前の大会のPCSを考慮するように改善してほしい。
タグ:Competition
posted by ホープ at 17:15| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

おじぎ

2013 worldを見ていて、深く膝を曲げるポーズで前に勢いがあるのは元気があっていいけど、
ヨナやコストナーのおじぎは、ほどよい品があってキレイ。ジジュンちゃんはヨナそっくり。
両膝曲げたり、後ろに手を組んだり、肩たたきみたいに手がグーになってたり、選手によっていろいろあるなあと見ています。
ヨナの「All of me」や、あっこちゃんの「キルビル」みたいに曲のイメージに合わせてマニッシュなおじぎに変えるのもイイ。
gif: おじぎ

岸恵子さんがキム・ヨナをほめていて、その記事が削除されていてイヤ〜な気分になったけど、ヨナファンのサイトで読むことができた。
昔、岸恵子さんのエッセー「巴里の空はあかね雲」を読んで「オシャレで気丈夫で頭の良い女優さん」という感想を私は書いていたので、ヨナへの見方もまったく的を得ていた。
女優としては、一番印象に残っているのはドラマ「赤い疑惑」のパリのおばさま役です^^
ミス・マープルの日本版ドラマもなんとなくおしゃれな感じでした。
タグ:キム・ヨナ
posted by ホープ at 12:54| Comment(0) | gif | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

NHK杯 ペア・ダンス

(ペア)
高橋/木原「レ・ミゼラブル」
 成美ちゃんがキレイに見えた。胸ぐりの広い衣装でデコルテがきれい。女性を放り投げる技がまだ怖々って感じだったが、二人はがんばっているようです。

カステリ/シュナピア(アメリカ)「007/スカイフォール」
 男女で演じるとジェームズ・ボンドとボンドガールの役割がはっきりわかっておもしろかった。

彭程(チェン・パン) / 張昊(ハオ・ジャン)(中国)「ピアノ協奏曲黄河」
 お父さんと娘さん、みたいなコンビ。

ボロソジャル/トランコフ (ロシア)「ジーザス・クライストスーパースター」
 解説で別次元の演技と言っていたが、ペアにもいるんだな。ペアのルールはよくわからないけど、確かになめらかでひきこまれるものがありました。

(アイスダンス)
イリニフ/カツァラポフ(ロシア)「白鳥の湖」
 素敵でした。これも男女で演じるので、バレエの雰囲気が出ていて、ひきこまれました。一番、曲が強く盛り上がったところでリフトをやったり、音楽に合ってなおかつアイスダンスならではの振付だったと思う。衣装も二人とも黒で、ノーブルな感じです。

ギレス/ポワリエ(カナダ)「ヒッチコック」
 後半の音楽、もしかして「サイコ」と思ったら「ヒッチコック」という映画からだった。
ヒッチコックの映画音楽ってフィギュアスケートに合うかも。サスペンスにはクール(氷)な美女が似合います。 

コルブ/カルーゾ(ドイツ)映画「魔法にかけられて」
 技術的にはフリー8位だったんだけど、衣装がおとぎの国のプリンス&プリンセスみたいでロマンティックなものを見せてもらったなあという感想です。いいかげんな見方で失礼しました。
タグ:Competition
posted by ホープ at 00:24| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

NHK杯

Judges Scores
(男子)
高橋大輔
 SPは、研ぎ澄まされた演技でかっこよかった。モロゾフも男泣き。

織田信成
 SPの4T3Tはきれいに決まったかと思ったのに、回転不足判定。浅田選手の3Aもショートとフリーと同じように見えるのにSPは認定、フリーは回転不足。
TVではよくわからない。一般視聴者は、高得点を取る選手や、大技ばかりについ注視してしまいます。
ルッツもカナダ大会の時はOKだったのに、今大会ではeがついてしまった。

ジェレミー・アボット
 スケーティングやジャンプのきれいな選手が、流れるような美しい曲に乗って、ノーミスか、それに近い演技をすると感動させられますね。
衣装も男子の中では好みだわ。

(女子)
浅田真央
 今季、一人200点越えをして称えたいんだけど、3Aの両足着氷が多いと思う。確か今年は7回目。次こそは片足で降りられますように。

鈴木明子
 「オペラ座の怪人」は、2年前のパトリック・チャンの豪華なスケーティングが、絢爛たる音楽とマッチして圧倒されましたが、鈴木選手も最後のコレオでスピードが出ていて良かった。
ステップの部分はクリスティーヌがソロで歌って喝采を浴びる曲ですが、しっとりした感じだった。

宮原知子
 グランプリシリーズデビュー戦。落ち着いた感じの子に見えるので大人っぽい曲を選んだのかもしれません。きれいに滑ってました。

女子フリーの時に、採点システムのダウンで、長洲未来選手がリンクで20分待たされました。
タグ:Competition
posted by ホープ at 12:59| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする