2013年06月24日

キム・ヨナ「イマジン」


やっぱりヨナの演技はステキ♡
動きが柔らかくしなやかなのでひきつけられます。
最初のジャンプを跳んだあとに両手を広げて捧げるみたいなところ、ランジからすぐスピン、アティチュード、ウィンドミルの流れ、スパイラルに入る前と後の手の動き、などなど。
オフの間にバレエ(NHKバレエの饗宴)とか宝塚を見たりしていたけど、踊りがきれいに見えるところを、ダンサーは体にたたきこんでいます。
氷の上でそれをやるのはいっそう難しいと思われますが、キム・ヨナや高橋大輔は、氷の上で見せる舞踊っていうものができてると思う。しなやかな腕使いと流れにつながる動き、緩急といったものです。
ヨナの最大の魅力は、ビアンケッティさんが書いていた「深いエッジでスケーティングしている時の、彼女の腕や、頭、身体の使い方」ということかもしれません。
それから私は、世界選手権の主要選手(女子)の、上半身は見ないで足元だけ見ていても、ヨナが一番すごく思えるんだけど。深いカーブ、急にスピードが出るシャープな滑り、切り返しのなめらかさ。

脱線しましたが、衣装はフェミニンな感じだった。歌はアヴィリル・ラヴィーンで、かわいい感じの声ですね。
ヨナさんの演技なら、荒川さんが演じるみたいなサラ・ブライトマンとか、「アメイジンググレイス」とかの美しい曲をやれば、もっとうっとりかもしれないけど、ヨナのキャラクターとはちょっと違うのかもしれない。
「イマジン」という曲を選んだのは、「韓国と北朝鮮の関係悪化や、世界各地の紛争を思い、メッセージを伝えたかった」(朝日新聞6月22日)とのこと。
蓮池薫さんの本を読むと、北朝鮮の人々は「キム・ヨナの華麗な演技を知らない」そうです。ぜひソチ五輪では見られるといいのに。そして日本にとっても一日も早く拉致問題を解決してほしい。そんなことを考えました。
ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 01:23| Comment(0) | movie | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

SONGS

最近、見たSONGSという番組に松田聖子さんが出ていた。
聖子ちゃんは、聖子ちゃんカットをしていた頃、かわいかったのです。
色白で、目は一重だったけどブラウンのアイメイクが映えて、声は艶があって伸びやかでした。
衣装も清楚でかわいいものばかり着ていました。

今や50歳を過ぎて、Tシャツ、ミニスカで80年代風のリズムを取りながら「夏の扉」を歌うところがスゴイ。
顔(頭)の大きさに比べて細い体。

松本隆さんの繊細で精巧なガラス細工のような詩が好きでした。
今は聖子さんが自分で作詞をしています。
「ずっとずっと大好きよ」
「心の涙がとまらない」
「雨が上がる空に白い月がかかるわ」

聖子ちゃんの好きな歌
1.風立ちぬ
2.白いパラソル
3.瞳はダイアモンド
ラベル:essay index
posted by ホープ at 16:05| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする