2013年04月22日

Team Trophy その他

キスクラ席での応援パフォーマンスは、選手の振付を真似したものがおもしろかった。
印象に残っているのは、
from Japan
浅田選手SP 大ちゃんが一人でアイガットリズムのステップを物まね。
鈴木選手SP ハイドロブレーディングの足を上げるところを皆で真似しているところにご本人さんが登場。さらに大ちゃんが一人チャンバラで「キルビル」の世界?を再現。
無良選手FS 最後の決めポーズを皆でやる。
高橋選手FS コレオの両手をだんだん上げていくところを皆でやって、最後に大ちゃんがフィニッシュ。
浅田選手FS 真央ちゃんがジュリアナダンス
鈴木選手FS 鳥の真似を皆でやって、そこへカナダのチームも参入であっこちゃんに祝福。
from Canada
オズモンド選手SP マンボの小刻みに体をゆらす振付を皆でやっていた。

大ちゃんとあっこちゃんは芸達者な感じがします。真央ちゃんもニコニコ楽しそうにやってました。

ペアのボロソジャルとトランコフは、11年の「ロミオとジュリエット」も良かったが、今回のプログラム「ヴァイオリンミューズ」もいいですね。
リード姉弟もがんばってました。日本語が上手になってきました。

テレ朝に注文したいのは、「○○選手の演技をもう一度!」って要らない。皆、録画を撮っていますよ。
それから外国人選手のインタビューに字幕があれば、吹き替え要らない。選手の生の声が聞きたい。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 17:00| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

2013国別対抗 女子

プロトコルはコチラ

鈴木明子
 若干、着氷に乱れがあり、アメリカ女子二人もイイ演技をしたのでどうかなと思ったけど、高得点で女子1位になりました。初めて浅田選手より高いPCSです。今回は全体的にスピードが出ていて、とくにコレオでリンクを縦断してそのままの勢いでスパイラルに入っていくところは圧巻です。「大空に青い鳥がはばたいていきました〜!」とポエム実況の方なら叫んでいたでしょう^^
鈴木選手は、「腕の筋肉がきれいについていると人に言われるので、腕を出す衣装を着ています」とテレビの番組で語っていたことがあります。I think so, too. バレリーナとまでいかなくても、自然な弾力性があります。28才、さすが肉体が鍛え上げられていますね。

グレイシー・ゴールド
 3Lz3Tは、キム・ヨナは幅があるけれど、ゴールドは高さの方がある感じですね。スピンも速くてきれい。
今のところアスリート色が強いけれど、表現力を磨いていってほしいですね。

アシュリー・ワグナー
 振付がフィリップ・ミルズになって良くなったと思う。スピードに乗って跳ぶジャンプがいいです。

浅田真央
 今回は疲れが出てしまいました。
”I got rhythm”の真央ちゃんの好きな振付はコチラ。キュートでかわいいですね。

アデリナ・ソトニコワ
 振付は、タラソワさんとイリーナ・タガエワさん(ネットでちょっと調べると、元バレエダンサーの方)

李子君
 名前がテレ朝だと李子君(リシクン)、フジだとジジュン・リ、雑誌のWFSならリー・ズージュン
日本語の漢字読みにしたもの、英語名をカタカナで表したもの、中国語ピンインをカタカナにしたものの違いのようです。
シニア一年目、「眠れる森の美女」で衣装も演技も可憐な妖精のようだったあなたを忘れないでしょう。
zijun2.jpg
ラベル:Competition
posted by ホープ at 00:30| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

2013国別対抗 男子

世界選手権の最高峰の戦いの後、国別対抗戦ってコンディションが悪くジャンプのミスが多いし、日本でやっていても見に行こうと思わないのだ。各国の応援合戦のパフォーマンスは楽しそうですね。

板前さんパトリック、最初の4T3T、あんなにむずかしいジャンプを決められるのに。「ラ・ボエーム」は、今シーズン、私が見た試合では、いつも最後の方にミスが続いて、曲調も悲しみに包まれて、どよ〜んとした終わり方になっている。今回は最後のルッツで変なこけ方をしたのがひきずったのかもしれません。キャメルスピンの入りで失敗すると、ダメージが大きい。氷の上にたたきつけられるみたいになるし、途中からスピンに入れなくて間があいてしまう。
高橋選手は、ジャンプ不調の中、エースの意地を見せました。今朝の新聞には「ジャンプを失敗します」と失敗宣言をしていたのが書かれていたけど、大ちゃんならではのユーモアですね。
マックス・アーロン選手、フェンスのきわをすごいスピードで通過しました。アイスホッケーを14年やっていたとか。そういえば冬にスケート場に行った時、アイスホッケーのスケート靴をはいた子らがいました。氷上の暴れん坊、暴走族って感じですごいスピードを出していたのが怖かったです。
世界選手権に出てなかったハン・ヤンを一番楽しみにしていたのに、テレビ放送がない。応援席でパンダのかぶり物をしていた姿だけか。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 00:30| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする