2013年03月28日

スケーティングの秘密

ガーシュインのピアノ協奏曲は最高のプログラムだったと思うけど、音楽と振付がやや前衛的だったのに比べて、「レ・ミゼラブル」は予想どおり、音楽が感動を盛り上げ、素材の美しさが光ったプログラムでした。そして22歳になったヨナ選手が、スケート以外にもいろいろな経験を積んできて、この壮大な人間愛のドラマを演じるのに成長が見られました。



どうしてキム・ヨナの演技は美しく見えるのか、ひきつけられるのか、素人ですが、自分なりに分析してみました。
@加速する。
 バッククロスに入る前(0:56)とか、ルッツの助走とか。ヨナのブレードには、アクセルペダルがついてるんじゃないかと思うくらいたまにぎゅーんとスピードが出る。

A氷への摩擦が少ない。
 キレ味するどいターンと、氷から浮いているみたいに見えるターンがあります。
ステップの時に見られるループがすごく勢いがあってきれいだなと思います。
このプログラムでは、音楽が”Who am I〜 24601♪”に合わせて、ダイナミックでスピーディーなエッジワークで洪水のように流れ込む感じを出しているところです。(2:14あたり)フィギュアスケートは流れの中で演じるものだけど、ヨナは時折、激流を見せるところがすごいです。
lemise4.gif

Bトゥの使い方がうまい。
 ステップシークエンスの続きです。音楽が”on my own”に入った時、動の動きAから一転して静になり、会場内もしーんと演技を見守っているのが伝わってきました。ここはウィルソンとヨナならではの繊細な美しさが作られていました。
トゥ立ちして音を引き寄せるような動き(2:37)。
lemise2.gif
他のプログラムでも流れの中で一瞬、トゥで静止して、ふわっと柔らかく見せているのがありました。

C音楽を奏でる
 音楽を表現するというのは、フレーズまるごととか、ピンポイントに音に合わせるとか、あると思いますが、エッジワークで音楽を弾きこなしているような印象を感じる時があります。 ステップシークエンスの最後(2:41〜2:44)とか、コレオシークエンスに入る前のステップ(3:43〜3:59)とか。
lemise3.gif

D方向転換が一瞬にしてスムーズ
 ルッツを跳んだ後、ターンを入れて最後に弦のハーモニクスみたいな音?に合わせて足の向きが変わるところ(3:01) 良い意味で予想外の動きを感じます。
lemise5.gif

以前のプログラムでは、ガーシュインのステップに入る前に注目。


Eひと蹴りが伸びる
 全編を通じてそうなのですが、3:07あたりの、腕を後ろから前に持ってきて背中が山なりになるところが音楽と同調していたし、歩幅が大きいのでできる動きでは、と思いました。

F流れの中でジャンプを跳ぶ
 これは解説でもよく言われていて、一番見た目にわかりやすいかもしれません。
ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 16:33| Comment(0) | gif | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

ノートルダム・ド・パリ

ミュージカルの「ノートルダム・ド・パリ」を見てきました。
まあまあ良かったです。「レ・ミゼラブル」の映画や、この前のスケートの演技を見た感動には、はるかに及ばないけど。
コマのついた柵(バリケード)を動かして、ダンサーたちがすりぬけたり、下をぐぐったり、大聖堂に見立てた石壁をよじのぼったり、吊るされたり、アクロバットな演技とダンスに迫力がありました。
羽生選手のプログラムは、音楽のイイところばかり使ってましたね。
最初と最後の音楽は、ミュージカルの構成と同じです。導入部分で語り手が歌うところと、ラストのエスメラルダの亡骸を抱いてカジモドが「もう一度踊って」と歌うところです。中間部の音楽は、ジプシーたちが戦っている音楽か、聖職者のフロロが苦脳している音楽だったかな。いいかげんです。もっと詳しく書かれているサイトがあるかと思います。
 ノートルダム大聖堂の司教、フロロは、同じユゴーの作品「レ・ミゼラブル」のジャベール警部と同じような立ち位置にいるんだなと思った。職業に忠実でいようと異端者に冷酷ですが、人間らしい心や欲望と葛藤します。違うところは、ジャベールは最後に自殺してしまいますが、フロロは、エスメラルダを死に追いやってしまいます。
 この物語をはじめて知ったのは、中学生の頃、「あしたのジョー」の漫画を読んだ時です。少年院での慰問劇に使われていました。大人になってからノートルダム寺院を訪れて、あの石造りのらせん階段や、ガーゴイルを見て、こんな所にカジモドが住みついていたんだろうなと思った記憶があります。

注)↑ノートルダム寺院はユゴーが生きていた頃から改築を重ねているので、物語で描かれている造りをとどめている部分は少ないそうです。
<おもな登場人物>
エスメラルダ・・・魅惑的なジプシー娘
カジモド・・・ノートルダム大聖堂の鐘つき番。醜いせむし男だが、心は清らか。エスメラルダを愛する。
フロロ・・・聖職者のくせに、エスメラルダによこしまな欲望を抱く。卑劣な手段を使う。
フェビュス・・・婚約者がありながらエスメラルダと恋仲になる。浮気がばれるとあっさりエスメラルダを裏切る。
かっこいい羽生くんに合う役柄はない。語り手のように「昔、パリのノートルダムにこんな悲しい話があったよ」とストーリーをスケートで表現していたのだと思う。
ラベル:essay index
posted by ホープ at 16:44| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

女子フリー

2位カロリーナ・コストナー
 演技前に鼻血が出るというアクシデントに見舞われました。
コストナーの魅力は、一昨年から書いてましたが、抜群のスタイルからくりだすスピードと伸びやかさ、ダイナミックなジャンプです。ゴージャス感が漂っていますので、憧れる人も多いのではないでしょうか。
世界選手権出場11回目の古豪です。ジャンプの成功率よりPCSがずば抜けて高い選手です。
最後のジャンプを跳んでフィニッシュというのは、ローリー・ニコルがクワンの「サロメ」でも使って劇的だったのを思い出しますが、決まらずに残念でした。

3位浅田真央
 五輪シーズンに入れてなかった3Lz(e)3S,2A3Tに取り組んできて、最後の試合で決めることができたのが大きかったですね。真央ちゃんはあまりスピードが出ないけど、鬼ステップ、エッジワークのところで評価されているのかなと思う。
PCSも高いし、来季こそ3Aと3-3を完成させれば、と期待がかかりますね。
ちらりとしか見てないけど、表彰台で「私たちここに帰ってきたわね」とヨナと笑顔の抱擁をしているのが私はうれしかったです。

4位村上佳菜子
 シークエンスからの2Aはどうしても決まらなかったけど、ワールドでベストな演技が出来て、自信になったのではないでしょうか。佳菜ちゃんもジャンプの改善に取り組んだらと思うけど、それは難しいことだとわかっているし、やるとしたらソチが終わってからでしょうね。いつか「オペラ座の怪人」をやってみたいと語っていました。うん、見たいです。

5位アシュリー・ワグナー
 アシュリーはバレエを習ったことはないそうですが、身体が柔らかそうに見えますね。演技が楽しみな選手の一人です。ステップはイマイチかな。

7位ジジュン・リ
 はじめての世界選手権に出られてニコニコ笑顔。ノーミス演技でスタオベをもらいました。
ジャンプの飛び方がキレイ。滑りにスピードとパワーがつけば、大成するでしょう。

8位ケイトリン・オズモンド
 弾ける演技。予測不能な動き。ジャンプに突進して二度転倒。後半はスタミナ切れかな。
性格がかわいい感じ。以上のようなことから、うちの猫を連想してしまいます。

9位アデリナ・ソトニコワ
 やはり伸びてきましたね。表現も生き生きしていて良かった。

12位鈴木明子
 最初の動き、足元は弧を描きながらしなやかな腕使いがステキです。ジャンプの減点が6コありました。同じくらい失敗しても去年の真央ちゃんや4大陸の大ちゃんは、PCSが全体の1番や2番でしたが、PCSが特別クラスではないあっこちゃんは、その他の選手に抜かされてしまう(PCS10番目)。
ジャンプの調子が維持できないのは、年齢的なものでしょうか。 最後にひと花咲かせてほしいものです。

今回のテクニカルは甘い判定でしたか。浅田選手の3Aは両足着氷で、今までなら<がつくものだと思うけど。コストナーのセカンドの3Tも怪しかったのに加点すらついていた。

ファンが違う人が読むと私の文章も不愉快だと思われるだろうな。すみません。
違う視点からできるだけフェアな目で書いていきたいと思います。 

日本男女とも3枠でホッとしました。今回、良かった人、ダメだった人、世界選手権に出られなかった人。ソチこそ集大成ですね。少し休んでまたがんばって下さい。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 12:14| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

男子フリー

プロトコルは、コチラ

1位 パトリック・チャン
 大技の4T3Tと4Tを決めて、それだけで30.13点を稼ぎました。ですから金は妥当だと思いますが、その後の3Lzと3Aで転倒、3F1Lo3Sでステップアウト、次の3Lzが2Lzに、ジャンプが崩れたのは、王者として情けなかったです。チャン選手も地元カナダで、いい演技をしたかっただろうに「自分に怒りを感じる」とコメント。
「ラ・ボエーム」のプログラムは、青年の純情が表現されていて良かったと思う。ボディビルのポーズで終わる「アランフェス」よりはイイ。世界選手権3連覇です!

2位デニス・テン
 ショートの時、まぐれと書いてごめんなさい。今まで注目してなかった選手ですが、よく見ると上手です。
単独の4回転を1回しか入れてないけど、他のジャンプもきれいに決めました。キスクラ席で、フランク・キャロルとローリー・ニコルが座っていると、ライサチェックを思い出すような、確実性のある戦い方だなと思った。表現面でも「アーティスト」風(どんな映画か知らないが)で、ひきつけられました。
しかし今までGPシリーズの表彰台にも乗ったことがないけど、いきなりPCSが2位まで上がるのかと思いました。

3位ハビエル・フェルナンデス
 今回2位がカザフスタン人、3位がスペイン人初のメダルで、良かったですね。演技も良かったと思うけど、それよりリンクサイドで、クリケットクラブの生徒を応援するオーサー&ウィルソンの姿が笑えた。

羽生くん
 ケガをこらえての演技が感動を呼びました。練習拠点のカナダのお客さんの前で、イイ演技を見せられて本人もホッとしたでしょう。
高橋くん
 「道化師」は、五輪シーズンからのプログラムでは、はじめてのクラシックで、こういうのも上手だなと思わせましたが、重苦しいイメージがあって、あまり繰り返して見たいとは思えなかったのです。ショートの曲変更は高橋選手の負担になっただけでしたね。
無良くん
 海外の大会で、この音楽が流れると、JAPANを印象づけられたかもしれません。琵琶で、ジャラン、ジャランと流す音が疾走するスケーティングを後押ししてかっこいい。ジャンプも最初の4回転こそ失敗しましたが、残りのジャンプを決めることができました。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 18:09| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

2013世界選手権 女子FS

キム・ヨナおめでとう Congratulations Yuna!
世界選手権は、もしかしたら出ている選手より、ひいきの選手を応援している方が緊張するかもしれませんね。
3S2Tが決まった時にわーんと泣きました。
そしてまた録画を何度も見て、感動のプレイバック。
ヨナは、オリンピックの時に素晴らしい演技をして、すでにレジェンド(偉大なスケーター)になっていると海外では評価されていたのに、日本のネットを見ていると不愉快なことも多々あったので、日本人のファンにとって戻ってきてくれてありがとうという気持ちです。
今日の演技を多くの人が見ることができてよかった。百聞は一見にしかず、です。
高難度の3Lz3Tを跳んで、ノーミスだというだけでなく、美しい演技でしたね。やはり別格の選手といわざるをえません。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 01:29| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

2013 世界選手権 女子SP

キム・ヨナ
 ヨナが出てくると緊張する。身体も絞って、3-3は五輪当時の飛び方に戻っていたと思う。
最初のポーズを取るところから違う。独特のシナがあります。なんといっても演技がキレイです。

村上佳菜子
 今日一番感動した。ヨナ、コストナー、真央は、PCSが横綱クラス。でも佳菜ちゃんは、今回、技術点が一番、高くて、平幕の力士が金星とったみたいな感じで、本人とコーチがすごく喜んでいると、こちらまでうれしくなるのです。
体つきも女性らしくなって、パワーも出てきたし、年齢的には一番、脂がのっているかも。
最初にステップを持ってきて、柔らかいツイズル。マリナ・ズエワのロマンティックな振付と、佳菜ちゃん自身、どうやったら美しく見えるだろうと細かいところまで気配りしてると思う。
衣装に合わせて茶髪にしましたが、口紅の色がもう少し薄いピンクでもいいのでは。
ヨナも来季は、こういう柔らかい曲をやってほしいな。ショートはどちらかというとコワイ系の曲が多かったので。

浅田真央
 3Aは、着氷時にフリーレッグが接触していたけど、回転不足を取られずに良かったですね。
少しキレやタメがなく、上半身の動きが雑に流れて見えるところが3カ所くらいあったけど、全体的にはつらつとした演技。演技前の表情もリラックスしているように見えました。この曲は編曲がいい。とくにスピンのところで、スピンの回転にあわせるように、音階が上がっていって、それもすんなり上がっていくのではなくて、不協和音を入れたり、ひきずるような音の裏打ちがあったりして、効果的です。

鈴木明子
 「キル・ビル」は、ヨナの「007」のようにかっこいい女を演じています。ジャッジの目の前で、足をがばっと振り上げてキック。ワイルドだろ〜。衣装も黒で、指なし手袋でパンチが効いてます。

カロリーナ・コストナー
 ヨナがヴァンパイアで、コストナーがフランケンシュタイン。この映画、昔見たことあるかも。ヘレナ・ボナム・カーターがつぎはぎだらけの顔になってしまうのです。コストナーが一瞬、フランケンの顔になるところがおかしかった。⇒訂正。私が見た映画(1994)と違いました。「ヤング・フランケンシュタイン」(1974)の音楽でした。

アモディオと、トゥクタミシェワがスピンに入る前に、大コケしていましたが、ヨナもキャメルに入る前、勢いがつけられなかったように見えましたが、氷が硬いとかあるんでしょうかね。→ 鈴木選手のコメントによると「氷が軟らかく、スピードが出なかった」(朝日新聞)とのこと。スピンの失敗と関係あるかどうかわかりません。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 01:10| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2013世界選手権 男子SP

【男子シングル】
パトリック・チャン
 98.37 ショートでの世界最高点です。キスクラ席で、自分のVTR見て、演技後の前髪ふわふわしているのを真似していた。衣装のレースやフリルは、男子なら白人の美形の選手に着てほしいけど、ま、青色なので許そう。

デニス・テン
 ダークホースですね。4回転が練習ではあんまり決まってなかったというのに。心情的にはまぐれで成功するより、練習で調子良くて成功率が高いのに、本番で失敗して悔し涙を流す選手は見たくない。

高橋選手はさすが「月光」を自分のものにしてきた。でもそのために猛練習して、疲れが出ないか心配。羽生選手も膝を痛めているとか。無良選手、がんばって!

ディヴィッド・ウィルソンがフェルナンデス選手のキスクラ席に座っていたり、羽生選手が涙ぐんでいるのをなぐさめていた。優しそう。笑顔でオーサーと言葉をかわしたりしていた。
ラベル:Competition
posted by ホープ at 00:24| Comment(0) | competition | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

dancing skater

フロアダンサーみたいに踊れるわけじゃないけど、氷の上で踊れる選手といえば、日本人ならダイスケ、アキコ、カナコかなと私も思うけど、ヨナも踊りが上手いです。

2007 GPF ex Just a Girl 17歳の時の演技です。


あのシェネターンみたいな連続してクルクルと回るのをやった後に、すました感じでレンジ(足を伸ばすやつ)
踊りのセンス+スケーティング技術が高いので、スマートに見せられますね。
他にFever, Bulletproof, Don't stop the music, All of me など。

エキシビションのグループナンバーやプラクティスを見ていて、即席で踊ったりして、うまいなって思う選手がいます。
踊りのセンスって文章にしてうまく書けないけど、SMAPの中で、中居くんと吾朗ちゃんの踊りの差くらい私にもわかります。

おまけ so cute!

運動不足解消のため、私も真似してやろうかな。
ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 12:36| Comment(0) | movie | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

かっこいいヨナ

もうすぐ2年ぶりに大舞台に、あの選手が帰ってくるということで、ヨナちゃんのかっこいい動画(ファンの方が作ったもの)を紹介します。



これは、ユースオリンピックの撮影用? ウォームアップや基本の練習をしている段階で、ヨナちゃんはキレイでかっこいいなと思います。



ヨナファンの方なら、すでにご存じかと思いますが、ヨナのファンHPを案内します。↓
http://sky.geocities.jp/hshwh793/yuna.html
海外情報や、ヨナちゃんの動画や、関連するサイトetc.を知ることができて、とってもPCSの高いサイトです。
ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 15:35| Comment(0) | movie | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

ひとけりののび

ディヴィッド・ウィルソンと出会う前は、「つまらない演技」だった?

確かに、ウィルソンが作った「死の舞踏」や「007」みたいなインパクトの強いプログラムに比べたら、つまらない演技かもしれないけど、このジュニアチャンピオンになった演技で、キム・ヨナの基本形が出来上がっていたと思うし、もの悲しい音楽は、シャイで思慮深い少女に似合った選曲ですね。
一度の蹴りが伸びると気品がある。同じ距離を滑るのにもバタバタ、ちょこちょこと移動するより、一歩でスーッと移動する方がきれい。上半身の動きが余裕をもってつけられる。
バックに進む時、腕を後ろに回すようなしぐさをよく見かけますが、荒川静香さんがすると、本当にぐーんと伸びる感じ。それから全日本で見た村元小月さんは、解説で「伸びのあるスケーティング、どこを切り取ってもきれい」と誉められてましたね。

この伸びやかさって、指導や訓練である程度伸びるんだろうけど、単に片足のエッジに体重を乗せるだけの動作なのに差があるのは、生まれつきの骨格や筋肉によるものが大きいんじゃないのかなと思ったりする。

一蹴りの伸びといえば、男子ではパトリック・チャン、女子ではカロリーナ・コストナーがすごいですね。
ラベル:キム・ヨナ
posted by ホープ at 15:15| Comment(0) | movie | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

映画「COACH」

コーチ : 40歳のフィギュアスケーター
監督: 室希太郎 2010年2月公開

テレビで見たけど、まったくつまんない映画だった。
主演は西田美和さん。伊藤みどりの時代に活躍された方。この映画のお口直しのように、「DVDでもっと華麗に!魅せるフィギュアスケート上達のコツ」という本を出されています。
伊藤みどり、荒川静香、安藤美姫は演技の映像を使っただけ。
「俺たちフィギュアスケーター」の方がよっぽどおもしろかった。
40歳で現役復帰、オリンピックをめざすという設定が無理すぎて。70何点かで、代表に選ばれるとか。
ダブルアクセルが跳べずに、空手の回し蹴りを習得した新しいジャンプ”ブルーローズ”を跳ぶ。
主人公の元恋人の子供を選手に育てるというストーリーだったら、タイトルにも合っているし、まだ見られたかもしれない。
美和さんは、ジャンプは飛べなかったけど、DVDでスケーティングの模範演技されているくらいなので、きれいでしたよ。
主人公の演技に点が低くて、観客が床をガンガン踏みならしてブーイングする場面がありました。昔ミュンヘンの世界選手権('74)で実際にあったことで、次の選手が怖がって出られないほどだったそうです。映画の中で真似するのもどうかと思いました。

posted by ホープ at 20:35| Comment(0) | essay | 更新情報をチェックする